どこでもTVが実現するロケーションフリー

2005年ネット家電大賞にも輝いたソニーのロケーションフリーLF-PK1+LFA-PC2。

この製品のウリは、なんといっても「インターネットを介して、どこでも、海外でも日本のテレビが見られる」という、まさにロケーション・フリーなところ。もう既に使用中という方もいるかと思いますが、実際に海外で試してみるチャンスはなかなかないので「本当に海外でも日本のテレビが見られるの?」と、半信半疑な人も多いのではないでしょうか?

これまで、五輪をはじめ、今年3月に行われた野球WBCなどの国際スポーツ大会における日本の活躍が見られず、悔しい思いをしていたガイド・平野。海外ではその国のチームの試合は中継しても、外国チームの試合は中継してくれません。なので、日本国外で日本選手の活躍は見ることはほとんど不可能なのです。

そこで今回、4年に一度のビッグ・イベント『サッカーW杯2006』に照準を合わせ、このロケフリを使ってオーストラリア・シドニーのガイド自宅で、日本のテレビが視聴できる環境を作る大作戦を決行!果たして、オーストラリアで日本のテレビ番組が映るのでしょうか?

同じく悔しい思いをしている海外在住者の方、そして「W杯での日本代表の活躍を見たいのに、急な海外出張が入ってしまった…」なんていうお父さんも、ロケフリを導入しておけば大丈夫です!?

日本の自宅にベースをセッティング

ベースステーションとなるLF-PK1
まずは、日本の自宅にベースステーションとなるLF-PK1を設置。やり方は、ソニーのサイトにも出ていますし、海外在住者の方のブログ等でも紹介されているので、ここでは割愛します(リンク先は次ページで紹介)。肝心なのは、登録情報をメモしておくこと。ガイドはこれを失ってしまったため、少々苦労しました。

このロケーションフリーLF-PK1の一番のメリットは、通常こうした海外からアクセスできるサーバー等を立てたりする場合、固定IPを割り振ったり、DDNS(ダイナミックDNS)やルーター使用の場合はその設定など、いろいろと面倒な設定が必要になるのですが、このロケフリは「かんたん設定」を選択するだけ。ロケフリ専用のDDNSサービスを利用し、そのまま画面に出てくる表示に従って入力していくだけなので超簡単です。

これなら機械オンチなお父さんやお母さん(?)でも大丈夫なはずですから、既に海外に出てしまっている方は、ご実家の誰かに頼んでベースステーションを設置してもらえばOK!この「かんたん設定」でNetAVテストが成功すれば、ベースの設置は完了です。

>>さて、いよいよ海外で日本のテレビを視聴!オーストラリアでの使用感をレポートします。 →