発行部数300万部突破という片山恭一氏のベストセラー小説『世界の中心で、愛をさけぶ』。
2004年5月から全国ロードショーで公開中の映画は、公開早々に興行トップに!そして今月からはTBS系でドラマとしても放送中という、超話題作。

「美しい純愛もので泣ける!」と評判のこの作品の中に、キーワードとして登場するのが“オーストラリア”だということは、小説を読んだり映画を見たりして、もうご存知の人も多いはず♪

物語の中で、不治の病で若くしてこの世を去る運命にある、登場人物のひとり“アキ”は、オーストラリア原住民族であるアボリジニの世界観に惹かれ、中でも神聖なる地“ウルル”に憧れていたという設定ですが、“ウルル”とは、あの世界遺産でもある“エアーズロック”のもともとの呼び名。「大地(地球)のヘソ」という別名を持つエアーズロックだからこそ、「世界の中心」と呼ぶのにふさわしいのかも(笑)。

映画そしてドラマ共に、実際にオーストラリアでロケが行われ、ドラマ初回でも冒頭シーンに主人公のサク(山田孝之さん)が赤茶けた壮大な崖の上に佇む(?)シーンがあったとかで(…残念ながら、ガイドはまだ見てません…(; ;))、いったいどんなとこなの?と思われた方も多いはず。

“ウルル”のある場所、それがNT

アキが憧れた壮大な景色が広がる“ウルル”のある場所、それはNT(ノーザンテリトリー/Northern Territoryの略)と呼ばれるオーストラリア中央部から北部にかけての(準)州。そのNT南部=オーストラリア中央部をレッドセンターと呼び、その名の通り、赤茶けた大地が広がっている。この物語で描かれているように、まさに360度見渡す限りの地平線と荒野の風景、大自然と原住民アボリジニの生活感が直に伝わってくるNTレッドセンターの魅力に迫ります!


ウルルなのに何故エアーズロック?

夕焼けに染まる神秘的なウルル(エアーズロック)

アキ憧れの地『ウルル』。有名な世界最大の一枚岩は、太古の昔から、そこに暮らす人々から『ウルル』と呼ばれていた。なのに、なぜ『エアーズロック』なの?と疑問に思った人も多いのでは?

なんたって、あの岩は何億年も前からそこにあり、そにで暮らす人々から『ウルル』と呼ばれていたのだから、正式名称はやっぱり『ウルル』。

でも、そんなことはどうでもいい(?)西洋人の入植により、1873年にこのあたりを調査したウイリアム・ゴスという探検家がこの巨大な岩を見つけ、当時彼の探検隊を派遣した(後の)南オーストラリア州知事ヘンリー・エアーズ卿の名にちなんで、『エアーズ・ロック』と名づけた。つまり、西洋人が初めて見た時に勝手につけた名前が『エアーズロック』だった…というわけなんですね(笑)。(勝手につけるなっつーの!)

西洋人達は、そこに暮らしていた人々を追い出し、勝手に新政府の土地とし、国立公園に指定。その後1987年に初めて世界遺産に登録され、再度1994年に追加登録をされたのを機に、翌年1995年、それまで「Ayers Rock-Mount Olga National Park/エアーズロック-マウント・オルガ国立公園」としていた名称をもともとの名称『ウルル』に戻し、「Uluru - Kata Tjuta National Park/ウルル-カタ・ジュ(チュ)タ国立公園」と改めた…という経緯がある。このため、現在では正式名称である『ウルル』と表記するようになってきている。

現在はすでに、周辺の土地はもともとこの地で暮らしていたアボリジニ・アナング族の人達に返還されており、政府が借り上げる形で国立公園として運営。両者の共同管理となっている。詳細はこちらで。

エアーズロック関連情報

■次では、NTレッドセンターの中心「アリス・スプリングス」をご紹介
そして気になるドラマのロケ地はどこ?→