オージー達は、とにかく外(屋外)が好き。少々寒くなっても、レストランやカフェではアウトドア席が盛況だし、休みともなれば近くのビーチや公園などでバーベキュー。
わざわざどこかへ出掛けなくても、自然はその辺にいっぱいあるし、爽やかな空気に包まれた外=アウトドアは本当に気持ちいいもの。

そんなオーストラリアは、まさにアウトドア天国!

それに今のオーストラリアは、開拓者達がブッシュ(荒野)を切り開いて作り上げた国。荒野で生活する彼ら=スワッグマン(ブッシュマン、スワッギーとも言う)にとっては、アウトドア生活はお手のもの。スワッグマン達の様々な知恵や工夫が、アウトドア天国オーストラリアを確立したとも言えます。

そこで、オーストラリアで思う存分アウトドア天国を満喫する第一歩、オージー流アウトドア・バーベキューについてと、アウトドアで簡単に作れるオーストラリアならではのワイルドなパン「ダンパー」&お茶「ビリー・ティー」をご紹介!

ダンパーはレシピを掲載。どこでも簡単に作れるので、日本でもオージー流アウトドアが満喫できますよ!



オージー流BBQ(バーベキュー)を楽しむ!


日本でもアウトドアとは切っても切れない関係のBBQ。オージー流に言うとBBQは、バービー。本当ーっにバービーが好きなオージー。週末になるとどこからともなく、バービーのニオイが…(笑)。

でも、オーストラリアでは、屋外のどこでも好きなところで“バービー”していいわけではない。山や海、川など、好きなところで勝手に火を使うことは、ブッシュ・ファイヤー(森林火災)の原因にもなりかねないため、固く禁じられている。公共の場では、決められた場所があるので、BBQはそこで。

各自で火を使ってBBQしてもいい場所は“Authorised fire place/オーソライズド・ファイヤー・プレイス(火気使用が許可された場所)”、そして、予めBBQ設備が用意された“Gas berbeque area/ガス・バーベキュー・エリア(ガスのBBQ設備あり)”がある。

無料のガスBBQコンロ

旅行者でも気軽に利用できるのが後者のガス・バーベキュー・エリア。公園内やビーチ脇などに、各自治体が設置したガスのバーベキュー・コンロがあるので、後は材料を持ち寄るだけ!

しかもこのガス・バーベキュー・コンロは、ほとんどが無料!!(一部、管理費等のためのA$1コインなどを入れるところもある)

これで近所のスーパーでステーキ肉やソーセージなどを買い込み、誰でも手軽にオージー流BBQが楽しめるというわけ♪ オーストラリアでは、醤油味のBBQソース「テリヤキ・ソース」なども売っているので、すべて現地調達できますよ。

※ただし、一部のエリアではアルコール飲料の持ち込み不可というところ(ビーチなどに多い)もあります。その場所のサインボードをよく読み、ルール違反にならないよう気をつけて。違反が見つかったら罰金です!