その1 ロケーションをチェック

NY地下鉄マップ
ホテルを選ぶとき地下鉄の駅に近いことは大切なポイント
ホテルを決める上で一番大切なポイントはロケーション。自由時間が全くないとか、タクシーで全て回るという人を除き、地下鉄はニューヨーク観光の強い味方。ガイドブックなどで地下鉄の駅が近いかどうかを確認しましょう。例えばいくら安くても1番街や10番街にあるホテルは地下鉄まで徒歩で15分以上ということが多いはずです。夏の暑い日や冬の寒い日は結構つらいところです。

地下鉄の様々なラインが乗り入れているところは逆に便利なところです。59丁目&レキシントン街、タイムズスクエア、ユニオンスクエア、コロンバスサークルなどはその例です。

ニューヨークは東から西へ、西から東への移動が結構めんどうな場合が多く、北⇔南の移動の方が距離が離れていても早い場合が多くあります。旅行の目的に応じて東派か西派かを決めましょう。

5番街でのショッピング、メトロポリタン美術館などの美術館、そしてグルメレストランでの食事を旅行の中心に考えているなら、東(5番街、レキシントン街、パーク街、マジソン街など)に滞在することをおすすめします。

ブロードウェイのショーやオペラ&クラシック鑑賞、アイスホッケー&バスケットボール観戦、初めてのニューヨーク旅行で日本語ツアーを考えている人には、西(ブロードウェイ、6番街、7番街、8番街など)に滞在することをおすすめします。

尚、野球観戦、自由の女神観光、ソーホーやチャイナタウンでの食事買い物などは東でも西でも地下鉄を使えばほとんど変わりなく便利です。

【関連記事】