鶴見橋
JR鴨居駅からららぽーと横浜まで徒歩約7分。橋を渡って商店街を進みます
2007年3月15日、横浜市都筑区に、神奈川県最大級の商業施設「ららぽーと横浜」がグランドオープンします。最寄り駅はJR横浜線の鴨居駅。新横浜駅から八王子方面に2つ目の駅です。オープンに先立って行われた内覧会のようすをレポートします。

神奈川最大級の商業施設、ららぽーと横浜

ららぽーと横浜
JR鴨居駅側から見たららぽーと横浜
ららぽーと横浜は、広大なNEC横浜事業所跡地を利用した複合商業施設。店舗面積は、93,000平方メートルで、神奈川県最大規模を誇ります。

店舗数は約370店舗。店舗部分は1F~3Fですが、インナーモールは、1周約400mもある「ストレートモール」「カーブモール」で構成されており、とにかく端から端まで移動するのがたいへん! ぐるぐると回遊していると、とても1日では回りきれないほどの広さです。

ららぽーと横浜の全体のコンセプトは「The Life With Culture」。単にモノや食を提供するだけではなく、文化、知性、情報を常に発信する場、ライフ・ソリューション・コミュニティを目指していることを意味しています。
・ららぽーと横浜については→こちら

「KUJYAKU」の音色や300本の樹木に癒される、イベント広場

ららぽーと横浜 カリヨン広場
カリヨン広場では、マイセン社製の白磁楽器が美しい音色を奏でます
その文化の発信を具現化したもののひとつが、カリヨン広場にある白磁楽器「KUJYAKU」。これは、ドイツ・マイセン社製の世界初となる楽器で、40鐘の白磁のマイセン・カリヨン(鐘)と、49本の白磁のパイプが並ぶパイプオルガンをミックスしたものです。青と白を基調に、孔雀が羽を広げているような優美なデザインで、高さは5m。毎正時に自動演奏が行われ、集まった人々を癒してくれる、心地よい音色を奏でます。不定期でイベントなども行われます。

屋外広場となるセントラルガーデンには、もともと植えられていた樹木約300本を移植・保存、緑あふれるランドスケープが広がっています。セントラルガーデンの緑が見渡せるカフェもいくつかありますので、のんびりとお茶を楽しんではいかがでしょう。(とはいえ、しばらくは大混雑しそうですが……)こちらのステージでも、さまざまなイベントが行われます。
・イベント情報は→こちら
既存樹木約300本が移植されたセントラルガーデン

「ちょっといい毎日」が作れそうな、多彩なショップ

核となるテナントは、大丸(1F)とイトーヨーカドー(1~3F)。このほか、「The Life With Culture」のコンセプトに基づいて、さまざまなニーズに対応するショップが並びます。

■貸し工房「玄創(げんそう)工房」(3F)、カルチャースクール「カルチャープラス」(3F)など、ホビー・カルチャー関連施設→こちら
■神奈川県最大級となる13スクリーン、約2,400席を誇る「TOHOシネマズ」(3F)→こちら
■女性の美と健康をテーマにしたヘルス&ビューティゾーン(2F)→こちら……女性専用のスペシャルパウダールーム、デラックストイレがあります!
■約35万冊をそろえた大型書籍店「紀伊国屋書店」(3F)→こちら
■「Disney LOVED BY NATURE FOR UNITED ARROWS 」「DIESEL KIDS 」など、スタイリッシュなキッズ関連ショップ→こちら
■「アクタス」「インザルーム」などのインテリアショップ→こちら

ららぽーと横浜で「ちょっといい毎日」が作れそう──そんな気にさせてくれるショップを発見してください。
自然光がやさしく包むインナーモール

ららぽーと横浜
・所在地:横浜市都筑区池辺町4035-1
・交通・アクセス:JR横浜線鴨居駅より徒歩約7分。その他のアクセス方法はこちら
・地図: Yahoo!地図情報
・TEL:045-931-1000(代表)
・定休日:不定休
・HP:ららぽーと横浜
※駐車場案内・料金についてはこちら
※横浜市営地下鉄センター北駅からの無料シャトルバスについてはこちら

ららぽーと横浜でどんなことがしたいですか?ガイド注目のショップ紹介

・デパ地下グルメを堪能したい!→こちら
・フードコートでいろんなグルメを楽しみたい!→こちら
・個性的なレストラン・カフェに行きたい!→こちら
・ファッションアイテムをゲットしたい!→こちら
・趣味の世界に没頭したい!→こちら
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。