発見!柳小路通り
石畳の通りと柳は、しっとりした雰囲気を出す通りです。
京都では、車が通れない通り、細い道・路地を「ろーじ」と言います。街の中心地にして、こんな「ろーじ」が?という場所を発見!実は、今注目されている場所なんです。そんな「ろーじ・柳小路通り」をご紹介します。


【contents】
■地元でも知られていない・不思議な通り柳小路通り……P1
■昔からこの通りを見続けている「はちべーさん」事、八兵衛明神……P1
■個性的なお店がずらり・柳小路通の面々……P2


地元でも知られていない・不思議な通り柳小路通り


発見!柳小路通り
 
皆さん、柳小路通という通りはご存じでしょうか?京都の人でも知っている方は、少ないこの通り。また、知っていても「名前までは・・・」という方が殆ど。

この細い路地柳小路通は、四条河原町よりたった5分。東は、裏寺町通り(OPA裏)西は、新京極に挟まれた南北約60m、幅員2mほどの道です。つい最近、石畳や柳が植えられ情緒ある通りへと大変身!

発見!柳小路通り
この辺りは、昔ながらの看板もそのまま。
昔この辺りは、新京極通りや寺町通り、裏寺通りなどもあり大人の繁華街として有名でした。また、新京極には、お笑いの京都花月があり芸人さんもウロウロしていたりなど活気ある場所で、ここ柳小路通も活気ある路地でした。しかし、世代交代を重ね、空き店なども目立つようになり、一時期は忘れ去られた存在となってしまっていました。

しかし、ここ数年の間に、この辺り、工事され新しい店舗なども増え、注目されるようになり、この柳小路通も一変したそうです。

発見!柳小路通り
以前紹介した「御二九と八さい はちべー」の辺り。柳の暖簾と柳、隣には「はちべーさん」が。京都らしい風情を醸し出しています。
例えば、地下足袋スニーカーで有名な「SOU・SOU」の本店があったり、古着ショップ、美容院、飲食店などがずらり。今、注目されているエリアに囲まれているのが、柳小路通。この通りにも一風変わったお店が一杯!新しい事に敏感な方は、是非、一度、覗いてみてください!


昔からこの通りを見続けている「はちべーさん」事、八兵衛明神

発見!柳小路通り
この鳥居は、昔からここに。地元でも知っている人は、少ないはずです。
この通りの真ん中あたりに、小さな鳥居があります。維新後東京遷都へと時代が変わり、この界隈もすっかり寂れてしまい、狸が住むほど荒れ果ててしまったそうです。しかし、その後、京都を整備する事になり、明治5年に新京極通りができる際に、この辺りも整備される事になりました。


当時、歓喜光寺というお寺の境内で、狸が3匹死んでいたそうです。この辺りが整備された際に、その狸を「八兵衛明神」「七兵衛衛明神」「六兵衛衛明神」と祀り、地域の鎮守社とし3社が創建されました。

現在、「八兵衛明神」は柳小路通に、「六兵衛衛明神」は、旧東宝公楽という映画館(現在工事中でホテル建設予定のため、錦天満宮に一時移動)、「七兵衛衛明神」は、第二京極通りに面している丸二食堂に祀られています。

発見!柳小路通り
 
前述したように八兵衛明神は、今も昔も柳小路を見続けて来られました。最近では、信楽焼きの狸の「八相縁起」の八と「八兵衛さん」の八を掛け、信楽の狸が八体置かれています。それぞれに【商売上達】【招恋】【幸福満々】【成績良好】【心身健康】【金運最高】【勝運良調】【家内安全】のお狸さんとして祀られています


なんとも歴史ある面白いお話です。八兵衛明神にご祈願しに来てみてはどうでしょうか。
■柳小路通の交通・アクセス:阪急京都線「河原町駅」下車より徒歩5分
■柳小路通の地図:Yahoo!地図情報

次は、「個性的なお店がずらり・柳小路通の面々」です。