お酒にこだわる女将さんと美味しい日本酒を堪能してみませんか?

美味しい日本酒が飲めるお店・祇園しぐれ茶屋侘助
皆に愛されるお酒を作る松本酒造のお酒。今の季節は、冷酒でぐっぐっといきたいものです。
松本酒造のお酒について女将さんに説明してもらいました。

コクがあり、口に含むと一瞬、ほんのりとフルティーな香りがし、常温・冷酒・燗どちらでも美味しく飲める「澤屋まつもと・純米」。これは、純米のわりには、きれがあるため、生湯葉のお造りなどにあうとの事。次は、スッキリとした辛口酒の「蔵浪漫・純米吟醸」は、どんなお料理にも合うお酒で、京都のお酒で辛口をというお客様の要望には、こちらのお酒をお奨め。そして最後に、熱燗・ぬる燗でいただくとサラサラと飲み続けられる「日出盛・本醸造辛口」は、地鶏の塩焼きなど油のあるお料理に合うとの事でした。


美味しい日本酒が飲めるお店・祇園しぐれ茶屋侘助
城陽酒造の徳次郎は、口に含むとふわりと立ち香を楽しめ、さっぱりしたお酒。あら炊きなどの濃い味付けのお料理にぴったりです。
松本酒造以外のお酒では、京都府宮津市にあるハクレイ酒造の「ひょうたんからこま」があります。これは、山田錦の規格外の米だけで練習用に造った日本酒。あまりにも美味しくできたので、このようなネーミングになったそうです。辛口のわりに味がふくよかで、きれがよいのが滋賀県八日市の「喜楽長」。女将自ら蔵本へ見学に行き買ってきたそうです。さらに、しっかりした飲み応えのある京都伏見の「招徳」、京都の青谷の梅酒で有名な酒蔵・城陽酒造の「徳次郎」、お店で今一番の辛口で高知県の「酔鯨」など、どのお酒も女将さんが吟味を重ねて選んでおられます。


美味しい日本酒が飲めるお店・祇園しぐれ茶屋侘助
大将の季節の美味しいお料理と女将さんの選ぶ美味しいお酒、そして祇園というロケーションは、ここでしか味わえない贅沢な一時です
「京都の地酒を中心に置かれているお店は以外と少ないのですが、京料理にはやはり京都のお酒が一番よー(良く)合います。大将の料理にあうお酒で、適当な値段で美味しいお酒が一番どす」と女将さん。

「お酒選びをする際のポイントは?」とお伺いしたところ、「お取引しているお酒屋はんの大将に色々聞くのと、お客様から勉強させてもらってます」とお答えいただきました。きっと、わからない事を素直にお客様に聞く、という女将さんの姿勢が皆さんに愛される店の秘訣だと感じました。

美味しい日本酒が飲めるお店・祇園しぐれ茶屋侘助
美人で明るい女将さん、深川さんは、気さくな方。何でも気軽に聞いてみてください
「お客様が、今、何を飲みたいのか、ここで一番飲みたいものは何かなどを、料理のタイミングを見計らいながらお出ししています。人・料理・お酒は、お客様との一期一会です。その一役を侘助という舞台で、楽しんでもらえたら幸いどす」

女将さんの一言には、頭さがる思いでした。


■しぐれ茶屋侘助
 所在地:京都市東山区祇園白川通縄手東入ル
 TEL:075-531-5175
 営業時間:17:00~23:00
 定休日:無休
 HP:http://www.yagenbori.co.jp/mise/wabisuke.html
 交通・アクセス:京阪本線「四条」駅下車
 地図:地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。