リクルートの国内旅行カンパニーに設置された「じゃらんリサーチセンター」がおこなった「じゃらん宿泊旅行調査2007」でテーマ別・都道府県ランキングが発表されました。それによると沖縄県は、かなり健闘しています。沖縄の、何がよかったのかな?

じゃらん宿泊旅行調査2007」

沖縄の海
沖縄の魅力は海だけではない……
この調査は、宿泊を伴う旅行の実態を把握するために行っており、出張・帰省・修学旅行などを除いた観光などの旅行マーケットの動向を調べています。今年で3回目の調査となりました。昨年度1年間(2006年4月~2007年3月)における国内宿泊旅行について、その行き先や回数、旅行費用など、主な結果は以下の通りです。

■やや減少の全国宿泊旅行者数

昨年度1年間(2006年4月~2007年3月)の全国の宿泊旅行者数(出張・帰省・修学旅行を除く)は、延べ約1億7.400万人(昨年比2.8%減)となりました。延べ宿泊数は約2.93億泊(昨年比5.0%減)であり、延べ宿泊旅行者数・延べ宿泊数ともに、昨年より減少しています。

宿泊旅行経験者の年間平均旅行回数もまた、2.78回→2.77回と微減しました。昨年1年間に宿泊旅行を行った人の割合は、66.1%→64.7%と減少しています。これは、昨年度の「愛・地球博」により宿泊旅行者が一時的に広がったものではないかと推測されています。

■旅行費用も昨年よりやや減少

実ら海水族館
一度は行きたい実ら海水族館
全国の宿泊旅行にかけられた費用総額は約8.6兆円で、昨年と比べてやや減少しました。しかし1回あたりの宿泊旅行にかけられた費用はほぼ横ばいですから、費用総額の減少は延べ宿泊数が減少した影響だと思われます。2006年4月~2007年3月の全国の宿泊旅行者数は、延べ約1億7400万人(昨年比2.8%減)。延べ宿泊数は約2.93億泊(昨年比5.0%減)となりました。これもまた「愛・地球博」効果によるもので、元に戻ったと推測されます。年代的にはファミリー層の35歳~49歳が減少し、50歳以上の旅行が増加しています。

さて、延べ宿泊旅行者数の多い旅行先と宿泊旅行にかけられた費用総額の多い旅行先は、昨年とほぼ同様の結果となりました。

■延べ宿泊旅行者数ランキング

【1位】東京都 1610万人
【2位】北海道 1298万人
【3位】長野県 946万人
【4位】静岡県 877万人
【5位】神奈川 823万人
【6位】京都府 767万人
【7位】大阪府 752万人
【8位】千葉県 659万人
【9位】兵庫県 587万人
【10位】福岡県 437万人

沖縄の花
沖縄旅行のリピーター率は約70%です
■宿泊旅行の費用総額ランキング

【1位】東京都 10.950億円
【2位】北海道 9.053億円
【3位】沖縄県 4.661億円
【4位】京都府 4510億円
【5位】大阪府 3943億円

延べ宿泊旅行者数のランキング10に沖縄は入っていませんが、費用総額では3位に入っています。つまり、沖縄旅行は、他の地域に行くよりも相対的に費用がかかるというわけですね。

さて、いよいよ発表! 都道府県ランキングにおける沖縄の評価は??? 次のページをどうぞ。