沖縄にはヒーリングスポットがいっぱい!

沖縄の海
人と自然が調和している沖縄だから…

本土の方は沖縄を「癒しの島」と呼びます。なぜでしょう。南の島だから? 海がきれいだから? 

うーん。それだけはないですよね。やはり、自然崇拝が信仰の中心になっていることではないでしょうか。神社などの社ではなく、自然のなかに祈りの場や神秘を見出すのが沖縄です。また、風水思想も強い地です。首里城をはじめ、沖縄の村々含めて「琉球風水」が王国作りの中心でした。

だから沖縄には海・山の自然環境、集落のたたずまいや拝所(御獄)など、いたるところにヒーリングスポットがあります。それは有名な場所だったり、地域の人しか知らない場所だったりといろいろですが、少し敏感な人ならばそこに居るだけで自然の「気」を感じるはず。
沖縄の拝所
拝所で祈りを捧げる沖縄の女性

そんな「気」を感じたら深呼吸してみてください。手を広げて、顔を空に向けて力を抜き、沖縄の自然を身体全体で受け止める感じでゆっくり息を吸います。次に身体のなかの悪いものを押し出す気持ちで息を吐く。これを何回かやるだけですがすがしい気分になれるはずです。

金城町の御獄
沖縄には、仕事や人間関係でカチカチになっている「心」と、力が入りすぎて硬くなっている身体をほぐして、新たなパワーを得ることのできる場所がたくさんあります。

自然を崇拝する気持ちの強い沖縄のなかでも、とくにスピリチュアリティが強い場所は、首里城~金城町の石畳、斎場御獄(せーふぁうたき)~久高島、備瀬集落~名護のひんぷんガジュマル、といったところでしょうか。

斎場御獄と久高島、備瀬のフクギ並木はすでにご紹介していますので、ここでは、首里城と金城町の石畳、そして名護のひんぷんガジュマルを取り上げますね。

土地のエネルギーを最大限に生かした首里城

世界遺産の首里城
世界遺産の首里城
世界遺産の首里城は、標高120mの広陵に築かれた琉球王国の王府です。東西約400m、南北約270m。約500年前に築城されて以来、1879年の廃藩置県まで琉球王国の中心としての地位を保ち続けてきました。外に4つのアーチ門、なかにも8つのアーチ門があります。

この城は、地脈や風の流れを計算しつくした上で建てられました。蔡温と毛文哲の「首里城の風水論」には次のように書かれています。


世界遺産の首里城
曲線で構成されている首里城の城壁
「それ地理の大、建都立国より先なるは莫し。是の故に、古の聖王、将に都巴を営まんとするや、其の居るべきの地を渡りて、以って其の吉凶を審にせざる綱し。さて、歴代建都の地稽ふるに、正竜の鐘る所を得て、天星の恒局に合する者は則ち代を伝ふこと多く、年を歴ること久し。その正竜に非ずして、星垣に合せざる者は、則ち皆、随ひて建つれば随ひて滅す。慎まざるべけんや。」

風水的にみると首里城は「この地は竜の来歴・気脈鎮まる所と判断できる。首里城の正殿は西に面して丘陵と一致しており、北殿、南殿はそれぞれ南北に、正殿から道は左廻り右転して法に叶っている。東西南北には青竜・白虎・朱雀・玄武の四神獣が確認出来る。「四神相応の地」として吉地である」となります。

首里城公園
・所在地 〒903-0815 那覇市首里金城町1・2
・問合せ 電話 098・886・2020
・料金等 首里城について
・アクセス 首里城の交通アクセス

戦火をまぬがれた歴史古道・金城町の石畳

金城町の石畳
風情のある金城町の石畳
金城町は首里城の木曳門から南の方向です。首里城から南部に抜ける主要道路として活躍してきました。かろうじて戦火を免れた約300mの区間が、琉球王朝時代の沖縄を偲ばせてくれます。道沿いには昔ながらの民家が建ち並んでおり、日本の道百選にも選ばれている風情ある古道です。


金城町の御獄
金城町の御獄にある大アカギ
また、金城町には御獄(ウタキ)があります。「内金城獄」と言います。ここには樹齢300年といわれる古木のアカギがそびえており、昭和36年に「首里金城拝殿の大赤木群」として琉球政府指定天然記念物となっています。

台風の多い沖縄では「木」が元気に樹齢を重ねていくのは意外と難しく、この「大アカギ」が自生できたのは金城町という「地」の良さがあってこそなのでしょう。

金城町の石畳
・所在地 那覇市首里金城町
・問合せ 那覇市観光課  電話098・862・3276

※次のページは名護のひんぷんガジュマルの紹介と、その他のパワースポットです。