新千歳空港のおすすめ
朝市食堂 From:千歳

o1.jpg
▲朝早くから多くの人で賑わう朝市食堂
「新千歳においしいおにぎり屋がある」という噂を聞いていました。空港にはいつもギリギリに駆け込むので、訪ねるチャンス(時間)がなかったのですが、先日ようやく行ってきました。
o2.jpg
▲ずしりと重たいおにぎり
噂の「朝市食堂」のホカホカおにぎりは、ずしりとした重たさ&大きさ。ふわりと鼻をくすぐるご飯と海苔の香りがたまりません。たまらず頬張ると、ほろっと崩れる握り具合。そして具のボリューム感がすばらしい。どこから攻めても具に出会えます。ガイド小西はキングサーモンを選んだのですが、塩分控えめなので、たっぷり入っていても全然塩辛くなく、最後までおいしくいただきましたよ。
具の種類は海鮮系が充実。ユニークなところでは、ラーメン風味味噌チャーシュー、ズワイ蟹のマスタード和えなんて具も。
場所は新千歳空港1階のJALのA到着口付近。海鮮料理を提供する同名の食堂も(こっちが本店かな)隣接してます。

朝市食堂(From:新千歳空港HP)


おぼろづき×松茸
日本料理とらや From:札幌

o3.jpg
▲王道の土瓶蒸し。おだしとまったけの香りがたまりません
秋真っ只中。キノコの王様・松茸に会いに日本料理「とらや」へ行ってきました。香り松茸、味シメジといいますが、香りの良さと緻密な肉質なので食感がまたいい。日本人に生まれて良かったぁと思うひと時でした。
o4.jpg
▲秋の贅沢・松茸ごはん。道産米おぼろづきが絶品
画像は松茸ご飯。松茸はもちろんですが、ご飯自体がとても印象的でした。このツヤツヤ感が伝わるでしょうか? 使っているお米は、今年から本格販売された道産米「おぼろづき」
米の実る時期に気温が低い北海道は、どうしても粘りの少ない米に仕上がる宿命を持っていました。ま、その粘りの少なさゆえ、丼物や炒飯、リゾットに向くため、外食産業では大人気なんですけどね。「おぼろづき」はそこを克服した画期的な品種。白飯でおいしい食味と粘りとツヤ。北海道の米の歴史を塗り替える(ちと大袈裟?)、とまで言われています。
新米の季節、おぼろづきを食べてみませんか?

日本料理とらや
*今季の松茸料理は終了しましたが、おぼろづきを使ったご飯メニューが待っています。

【おぼろづきを取り寄せて食べる】
安心野菜専門店アンの店
谷口農場


日ハム優勝!その時…
札幌ドーム From:札幌

f1.jpg
▲応援前の腹ごしらえ。ファイターズ弁当でございます
f2.jpg
▲入り口で配られた赤白のボードを掲げ、会場が真っ赤に染まるドーム
パ・リーグのプレーオフ、12日のプラチナチケットをget! 仕事を早々に切り上げ、札幌ドームに行ってきました。
この日は、試合開始前からドーム全体が「いよいよ優勝だね」ってムード。キャラクターのBBもいろんな演出で会場を盛り上げます。例えば、スーツケースを持って現れると、そこには「名古屋行き」の文字が。スクリーンにアップになると、スケッチブックには「泣く準備はできてるか?」のメッセージが。その度に歓声が上がり、まさに祭り状態。

f3.jpg
▲まさに胴上げという瞬間
ご存知の通り、試合は息詰まる投手戦。ストライク一球ごとに拍手。0対0の膠着状態から抜け出そうぜ!とばかりに、9回表にはウェーブが3周も起こりました。4万人のウェーブは圧巻。サザンのライヴみたい。
そして、9回裏にサヨナラ勝ち! 目の前でリーグ優勝の胴上げ。感動。感動。感動でした! 日ハム、日本シリーズも頑張れぇ!
f4.jpg
▲優勝を決め整列する選手たち
ちなみに、札幌では日ハムの優勝パレードが11月18日で調整されているとのこと。こちらも楽しみですね。

【関連サイト】
北海道日本ハムファイターズ公式サイト
札幌ドーム




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。