道産子には夏のビールのお供としてお馴染みの【北海シマエビ】。正式な名称を【北海エビ】といい、北海道から千島列島にかけて生息します。

アマモやスガモなどの海藻が密生する場所をすみかにしているため、水がキレイな浅瀬にしか生きられないデリケートなエビです。



主に道東や道北で漁がありますが、目で楽しめお腹も満足といえば、道東にある別海町【野付湾の打瀬網漁】でしょう。

野付湾のシマエビ漁は初夏と秋のみ。初夏は6月上旬~7月下旬と漁期が短く、まさに今しか味わえない限定品なのです。
※別海町周辺マップはこちら。×印のところ

打瀬網漁とは白い三角帆を立て、風と潮の力で網を引く昔ながらの漁法。アマモを傷つけないよう、スクリューなど動力を一切使わずに行うのが特徴です。

この漁法は北海道では野付湾のみ。ほかのエリアではエビカゴ漁といって、エサを使う漁法のため、エビに匂いがついてしまうのだそう。その点、エサいらずの野付湾のシマエビは、味も香りも違うと言われています。

風まかせの漁は、朝日を追いかけるように始まります。ゆっくり上る太陽を背に、三角帆のシルエットが浮かぶ風景(写真右)は、絵画を見ているような美しさ。また午後になると、青空と青い海の間に漂う白帆の風景(写真右)も爽やか! 北海道広しといえど、ここでしか見られない風情ある漁模様は一見の価値ありです。


目で満足したら、お次はお腹も! 野付漁港近くにはゆでたてのシマエビを販売する直売店や、シマエビ料理を出す飲食店が点在しています。
新鮮なうちに塩ゆでにするゆでシマエビは、身が甘くてふ~っくら。この時期、道内各地の居酒屋などで食べることはできますが、やっぱり産地は旨さが違う!

また、野付といえば特大ホタテも有名。あの「どっちの料理ショー」でも紹介された特選素材。いろーんなホタテを見てきている私も、野付ホタテの大きさにはビックリしました。シマエビと一緒にホタテもぜひ味わってみて♪

▼さて、気になるお店&取り寄せ情報は次のページへ▼▽▼