観光のついでに寄りたい名店はココ!

このエリアに行ったらぜひ寄ってほしいお店を紹介します。観光の前後にどうぞ!

運が良ければ焼きたてが手に入る!「下河原阿月」

下河原阿月の「三笠」は、手頃な値段と食べやすいサイズでおみやげにもぴったり!

下河原阿月の「三笠」は、150円という手頃な値段と食べやすいサイズで、おみやげにもぴったり!

地元人から観光客まで幅広いファンを持つ三笠(どら焼き)の名店。店内には甘い香りが広がり、昼間は職人さんが鉄板で熱心に焼く様子を間近で見られます。小豆のあんと白あんの2種類がありますが、せっかくなら両方を食べ比べしてみてください。運が良ければ焼きたてをゲットできます!

住所:京都市東山区祇園下河原上弁天町428
TEL:075-561-3977
営業時間:9:00~17:30
定休日:水曜日

文人や画家も通った甘味処「かさぎ屋」

後をひく美味しさで、いつの間にかぺロッと完食!

後をひく美味しさで、いつの間にかぺロリと完食!

有名な文人などが愛した甘味処で、その歴史は90年以上。名物は「三色萩乃餅」で、つぶあん、こしあん、きな粉のおはぎ3種類がセットになっています。注文を受けてから作られるため、いつでも変わらぬ美味しさを楽しめます。

■かさぎ屋
住所:京都市東山区高台寺桝屋町349
TEL:075-561-9562
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜日

その他にも、京都で昭和初期に初の割烹として誕生した「浜作」や、昭和初期から洋食を提供しているという「グリル冨士屋」、名物の親子丼に毎日行列のできる「ひさご」など、個性豊かなお店がたくさんあります。

春の桜、秋の紅葉の素晴らしさは保証付きですが、観光シーズンだと入場規制が行われたり、さほど広くない参道に人が殺到して疲れてしまうかもしれません。また、坂の上り下りなどアップダウンも激しいので、スニーカーで回るのがベストです。また、京都は北から南へと下っているので、散策は知恩院からスタートし、清水寺で終わるコースがいいでしょう。

シャッターチャンスがたくさんある東山エリアですから、デジカメの充電をお忘れなく! おすすめの時期は、混雑するものの、やはり春と秋のライトアップの時期です。夜遅めならば比較的スムーズに、各寺社を回れますよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。