京都・祇園のセルフカフェで本格抹茶スイーツを!

看板

目指すはこの看板!


カフェ難民になりやすい祗園界隈。観光の途中、「お茶でも飲みたいね」と思っても、四条通りに面するカフェはいずこも混雑。老舗カフェともなると、大行列なんていうのも珍しくありません。そんな方におすすめしたい穴場カフェが「辻利 京都店」。2014年9月にオープンしたこちらの店舗は一階が物販、二階がセルフカフェとなっており、一階で購入したスイーツを食べることができます。

オーダーカウンター

テイクアウトもできるとあって、かなりの盛況ぶり。


お店のコンセプトは「守破離」(しゅはり)。千利休が説いた言葉を元に、150余年の伝統を守り、重んじつつ、お茶の新しい形を追求していくというもの。その言葉通り、伝統的な宇治茶を、時代に合った形、それもスイーツという形で体現しています。

コンセント

スマホ世代にはありがたいコンセント。


まさに「うなぎの寝床」といった奥に長い二階のカフェスペースは、やや照明を落とし気味にした落ち着いた雰囲気。立席、テーブル席、カウンター席があり、何とカウンター席にはコンセントまでついているというサービスぶり。スマホの電池が頼りない方にも嬉しいカフェですよね。

人気店だけに常に混み合うことも多いですが、驚くような行列はなく、回転も早いので少し待てば容易に座ることができます。また、テイクアウトもできるので、お気に入りの場所まで持っていって、じっくり味わうなんていうのも良さそう。