「直江兼続」菩提寺「龍言寺」から名をいただく宿

雲洞庵
幼少時の兼続(幼名:与六)が研鑽・修行を積む越後一の寺「雲洞庵」。
09年1月、篤姫に代わり、NHK大河ドラマ「天地人」がスタートします。
主人公「直江兼続」は、謙信の死後、越後を守る上杉景勝の有能な家臣。ひたすら「利」を求める戦国時代において、信長や秀吉を袖に振り、一貫して「義」を貫く武将として、妻夫木聡が演じます。兼続を支える年上の妻、お船役には常盤貴子。その他、豪華なキャスティングは、篤姫同様、日曜の夜を楽しませてくれることでしょう。
さて、この「天地人」の舞台は、越後から米沢へと移っていきますが、上杉景勝や直江兼続が生まれ育ったのが、越後の国、新潟県南魚沼市の「六日町」。
景勝(幼名:喜平次)や兼続(幼名:与六)が、幼少期を過ごし修行を積んだ越後一の寺「雲洞庵」があり、ドラマの初期の舞台として登場します。六日町は、すでに「天地人」一色。スキーヤーに交じって、兼続ゆかりの地を訪ねる方々も増えています。

龍言
文政年代の母屋の幽鳥の間。到着時にここでお茶をいただく。
そして、ぜひ六日町を訪ねたら泊まりたいのが、温泉御宿「龍言」。兼続の菩提寺のひとつ「龍言寺」の名をいただき、坂戸山を望む広大な敷地に越後豪農屋敷を移築した、クラシックな旅館です。
荘厳な長屋門をくぐり、屋敷の玄関を一歩入るとそこは、江戸時代にタイムスリップしたような空間。凛とした空気の中、磨きぬかれた床や柱が黒く光り、各部屋には雲洞庵の第45代住職新井石龍禅師の書が飾られ、天地人の舞台としてのムードも満点です。
囲炉裏の間あり、雪の庭を望む客間もあり、迷路のような建物を巡る楽しみに加え、とろみのある六日町温泉の雪見の湯が、なんとも心落ち着かせてくれる宿です。加えて、越後の清酒。酒処「安穏亭」や売店には魚沼の銘酒が各種揃っています。お土産には、高千代酒造の「天地人」ゆかりの酒はいかがでしょう。
龍言は通常一泊3~4万円。ただし、09年冬の数日間に限り、一泊朝食付き12,000円という「特別価格」でご奉仕中。詳しくは、旅館プレミアムアウトレット「宿あそび」の「おためし泊まり」をご覧ください。
今年の冬、「天地人」を観て、「六日町」に泊まりに行きませんか!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。