ありそうでなかった「ホテルで焼肉!」

焼肉トラジILSIM(イルシム)/鉄板焼 一心 ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
夜景を眺めながらホテルで焼肉はいかが? 写真は、焼肉トラジの厚切り焼肉
「肉料理のなかで一番好きな料理は?」と会社や友人に問いかけると、ほぼ90%が「焼肉!」と答えてくれた。日本人は焼肉が大好きだと思う。世界中の料理を何でも楽しめるのが東京。そのなかでも群を抜くのがやはり焼肉。その焼肉店のなかでも人気を誇るのが「焼肉トラジ」。

実はガイドも大の焼肉ファン。家族も揃って焼肉大好き。では普段は何処の店に行っているのか。本当は内緒にしておきたいのだが、今回はご披露してみたい。場所は地下鉄東西線の門前中町、駅から徒歩0分(1分は絶対に掛からないほどの距離)。店名は伏せますが、この店実は「焼肉トラジ」を経営する金社長のオモニ(お母さん)が経営している店。これは後から分かった衝撃の事実(それほど大袈裟なことでもないが……)。かれこれ4~5年前に友人に誘われて入った店である。ビルの1・2階の構成で、1階のテーブル席は僅か6卓。火種は炭。入店すると間髪入れずにテーブルに火が入る。

家族で行くときはメニューも大体決まっている。キムチの盛り合わせに大根サラダ、ユッケを前菜にタン、カルビ、レバー、ミノ、ホルモンといった感じで一気に焼肉のオンパレード。ご飯はガイドは白飯、子供たちはビビンバ、これに野菜スープというオーダー。お酒はビールか焼酎の水割り程度で、徹底的に焼肉を堪能する。まるで格闘技である。4人でお支払いは2万円弱。これで食後には定番のアイスキャンディーをサービスしてくれるからうれしい。
何がどう旨いかと聞かれれば、答えは「とにかく美味しい」から! これ以外の言葉が見当たらない。

肉の品質表示が義務付けられているので、入り口横には“今日の使用肉”の看板が。国内産のA5ばかり。
この店が「焼肉トラジ」の原点である。

>>次ページでいよいよ、「ホテルで焼肉」をご紹介!