きれいにしたニット類、しまう時にも気を抜かずに♪
前回までの記事「洗えるニットの見分け方」「ニットの洗濯機洗い手洗いと干し方」でニットのお手入れが済んだら、次の冬まできちんとしまっておかねば!ニットのお手入れ、シメは虫やシワ対策のポイントをお届けします。


虫、染み、シワを防ぐ!

ニットをしまうときは、虫、シミ、シワの対策が大切です。

このごろは、暖房が効いている室内、温暖化による平均気温の上昇など、冬に限らず虫にとって住みやすい環境が整っています。また、暖房が行き届いているので、ニットも薄手のものが多く、しまい方に気をつけないとシワになってしまいます。


染みを防ぐ!

汚れが残っていると次シーズンに発見した時には染みになっていてショックです。染み対策は、汚れを残さないこと。食べ物や飲み物、汗の汚れはきちんと落としてからしまいます。

これから洗うという方は『ニットを洗う(1)』からどうぞ!


汗の汚れが心配ならウェットクリーニング

ちなみにガイドの失敗は、透明な汚れ。汗とお酒の汚れの残りが、次シーズンにセーターを出したときに黄色く染みになっていて、クリーニングに出してもダメ。リサイクルにも出せないしで、泣く泣く普段着にしたことがあります。

汗汚れは水で落とすのが基本。ドライクリーニングではあまり落ちませんので、自分でお手入れするか、ウェットクリーニング(水を使ったクリーニング)をお願いします。ウェットクリーニングをしているかどうかは、お店で確認します。


では次ページで、「虫よ来るなー」についておとどけします。 >>次ページへ