癒されるためにペットを飼う人もいます ペットが好きだから飼う人もいれば、好きだから飼わない人もいる。
同じ理由で違うことをするってちょっと不思議ですが、でもどちらも間違っていない。
自分の生活環境や家計の事情等できることを考えた上でのことなんですもの。
しかーし・・・。


中には自分の置かれている状況やペットのことを考えずにペットを飼う人もいる。
もちろん、飼ってから生活パターンを変えてペットとの暮らしを充実させる人もいるんですが、そうせずに何のためにペットを飼っているのかわからない人もいてしまう。
この悲しい現実は理解するには難し過ぎる問題に思えます。

ペットに対する思いや考えは、みんな違っていて当然。
好きがエスカレートして私のようにペット中心の暮らしをする人もいるでしょうし、
好きだからこそ今は飼わない、という人
過去の別れが辛かったからもう飼わない、という人
飼ってみたいけど不安だから飼えずにいる、という人
キライだから飼う人の気が知れない、という人等々、いろんな方がいらっしゃると思います。

みなさんのペットを飼うということに対する考え、
聞かせてもらえませんか?

きっと、みなさんの考えを聞かせてもらううちに、今ペットが巻き込まれてしまっている「空前のペットブーム」や 残虐性を増している「動物虐待」の疑問点も見えてくるのではないかと思っています。

ペットが家族の一員として受け入れられるようになるために
あなたの考えをシェアしてくれませんか?



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。