部屋にお花や観葉植物などを飾ると気持ちのいいものですが、ペットのいるお宅では注意が必要です。植物の中にはペットが食べてしまうと中毒を起こす恐れのあるものがありますので、食べてしまっても安全なものを飾るようにしましょう。

ペットの食中毒に関して、たぶん聞いたことがあるのが玉ねぎ中毒だと思います。部屋に飾ることはないかと思いますが、保存場所を考慮しないとペットに食べられてしまうことがあります。玉ねぎは食べることによって溶血し、嘔吐や貧血などの症状を起こすことがあります。食べられないように、ペットの手・口が届かないところで保存して下さい(熱を加えても有毒性は無くなりませんので、調理したものであっても食べれば中毒を起こすことがあります)。

玉ねぎ中毒などの食中毒は、全てのペットが起こすわけではありません。私たち人間にアレルギーがある人と無い人がいるように、ペットも食べても中毒症状を起こさない個体もいれば、ちょっと舐めただけで中毒症状で倒れてしまう個体もいます。でも、飼っているペットはどうなのか、なんて試すことはしないで下さい。小動物は身体も小さく、中毒症状がひどい場合には死んでしまっても不思議はありません。危険を冒して試したりせずに、中毒の危険性があるものは食べさせないようにしましょう。

中毒の危険性がある花・植物から身近なものをいくつか紹介します。
アサガオ 種を食べてしまうと、嘔吐や下痢などの症状を起こすことがあります。
カラー  葉や茎をかじり、その草液を飲んでしまうと、嘔吐や口・喉の炎症をおこすことがあります。
すずらん 食べた箇所(葉や茎)に関係なく、嘔吐や下痢、腹痛、不整脈、心不全を起こすことがあります。
アイビー 葉・果実を食べてしまうと、嘔吐や下痢、腹痛を起こすことがあります。
ポインセチア 茎から出る樹液・葉を食べてしまうと、嘔吐や下痢をおこすことがあります。
上記以外にもたくさんありますので、有毒植物リスト動物にとって有害な植物と食品は花や植物を買うときには事前にチェックするといいでしょう。

植物以外にもペットが中毒を起こす危険性のあるものはたくさん家の中にあります。洗剤や石鹸、乾燥剤や防虫剤など、どこのご家庭にもあるのではないかというものですが、食べたら危険です。(人間もそうでしょう?)

夏場、どこのご家庭でも使う蚊取り線香は、個体によってはめまいや嘔吐、呼吸器障害を起こすことがあります。最近は電子蚊取り機を使われる方が多いように思いますが、もし蚊取り線香を焚くならば、ペットが煙を吸いすぎないように注意してあげて下さい。(電子蚊取り機を使う場合でもマットや液はペットの口に入らないようにして下さい)

「動物用」として市販されている製品でも、ペットによっては中毒症状を起こすものがあります。犬や猫も飼われている方には使っている方が多いのではないかと思う皮膚点下式ノミ対策薬(アドバンテージやフロントラインなど)も舐めてしまうと過剰涎、手足の震え、痙攣、呼吸麻痺などの中毒を起こすことがあります。ペット同士が仲が良いのは嬉しいことですが、仲が良すぎて舐めてしまったりしないように使った後しばらくは注意してあげて下さい。

食中毒や誤食による中毒は、飼い主家族が注意することで避けられる事故だと思います。注意して、安全な家庭を作って下さいませね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。