離婚後、生活していけるのかを確認

夫婦
目標額まであと20万……
一時の感情に任せて、「あんなヤツと別れられるなら、どんな貧乏暮らしでもそちらのほうがマシ!」とそのときは思ってしまうこともあります。しかし、頭で考える「貧乏暮らし」はちっとも辛くありませんが、実際の「貧乏暮らし」はどんなに辛いかはまぁ経験してみなければわからないでしょう。

自分1人なら何とでもなるかも知れませんが、子どもがいたらそうはいきません。まずは家計簿をつけてみて月にいくらあれば生活できるのか表にしてみます。その金額を自分1人で稼ぎださなければならないわけですが、それにはどんな仕事に就けば成り立つのか? 希望したところでその仕事に就くことができるのか? 

子どもが就学前なら保育園などの預け先を先に確保しなければなりません。 公的扶助についてもどんなものが離婚した場合自分がどれくらい受けられるのかしっかり調べておきます。

引っ越し資金と当面の生活費がいくら必要なのか確認

生活費がどれくらいかかるか見当がついたら、引っ越し資金と離婚後の生活が軌道に乗るまでの生活費がいくら必要なのか確認、その金額分のお金を貯める必要があります。

慰謝料・財産分与の給付が見込めるのであれば、その分を少なめに見積もり当て込んでもよいですが、できれば慰謝料・財産分与の給付はあってもないものとし、離婚以外のいざというときのために残しておくのがよいと思います。

一時の感情で突っ走れば一瞬は精神的にラクになれるかも知れませんが、その後精神面でも経済面でも苦しむことになります。このように、離婚を考えたとき、キイポイントとなるのは感情面と経済面の折り合いをどうつけていき、どこまでしっかり離婚後の生活準備ができるか、です。その準備をしているうちに夫婦関係や自分自身の気持ちが変化することもあり得ます。離婚も何事も答えを出すのを急ぎ過ぎないことが大事です。

【関連リンク】
「愛人とは別れて」と言えますか?
離婚して強く生きるバツイチ女の特徴は?
夫婦の価値観の違いはこう乗り越えよ!





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。