夫婦力アップのためにも節度ある夫婦喧嘩ならしたほうがいい

小言
だからさ、そうじゃなくて、いつも言ってるじゃん。何でわかってくれないのよ。大体さぁ~この間も―
夫婦関係について悩む両極端の2タイプの前者のタイプは夫婦喧嘩を好みません。できれば、当たり障りなく物事をおさめるに越したことはないと思っているのでぶつかっていこうとしない。しかしその結果不満は募る一方となり最終的には我慢の限界がきてしまう。一方後者はガンガンパートナーにぶつかっていきます。ぶつかること自体はいいことなのですが、闇雲にぶつかっていくのですっかり逆効果。何事もバランスが大事なのです。

さて本題ですが―夫婦喧嘩はしたほうがいいのか?私は節度ある夫婦喧嘩であればしたほうがいいと思います。別に「喧嘩」である必要はないのですが、とにかくぶつからなくては夫婦間にある問題の壁を打ち破ることはできないのです。

少し壁を叩いてみて、「あっ、ダメだ。無理なんだな」とあきらめて、この壁は打ち破れないと背を向けてしまっては、ますますすれ違っていくばかりで、夫婦の絆を築いていくことはできません。とにかくぶつかってみなければ、お互いの成長、夫婦の成長はないのです。

夫婦関係をよくするための前向きな喧嘩だと思って

ですから、前者の不満を溜めこむタイプにあてはまるかたは、これまで2度言ってダメだからとあきらめてしまっていたのを、3度めはとことんパートナーにぶつかってみるのです。「今日はとことん話し合うわよっ」と喧嘩に発展してもいいという覚悟を決めて真剣勝負で臨むのです。そうすれば例え喧嘩になったとしても「今までついついスルーしてきたけど、そんなに嫌だったんなら改善するか」などとパートナーに気持ちが伝わります。

そして後者の夫婦喧嘩のやりすぎのタイプのかたは、口煩いのもほどほどに、不満ばかり延々訴えるのは止めにしてパートナーのよいところを10 褒めたら1ここは直してねとソフトに伝えてみると効果大です。10褒めてからではないと不満を訴えてはいけないというルールを自分に課すのです。するとパートナーは「自分のことを全否定しているわけではなく、認めてくれてはいるけれど、1つここだけは直して欲しいんだな」と一時は喧嘩になったとしても後で冷静になったとき受け入れ易くなります。

というわけで、どちらのタイプもこれまでとは違う変化球を投げ込み、ぜひとも節度ある夫婦喧嘩をして新たな絆を築いていって欲しいと思います。

【関連リンク】
「言わなくてもわかる」がすれ違いのもと!?
あなたの「夫婦のすれ違い度」をチェック!
喧嘩での罵倒、どこまで許せる?





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。