何人かの弁護士をあたって比較検討を!

解決
早く離婚を成立させたい―
弁護士とは縁がなかったため、行き当たりばったりで比べようもなく、自分にとってよい弁護士かどうかもわからないまま正式に依頼をしてしまう方が多いようです。どんな弁護士を選ぶとよいのかまとめてみます。

■頼りになるよい弁護士を選ぶポイント
  • 法律の意味や内容、解決策をわかりやすい言葉で丁寧に説明してくれる
  • 依頼人の話をしっかり聞いて事情だけでなく心情まで汲み取ってくれる
  • 依頼人にとって不利な点がある場合、それについても指摘してくれる
  • 会話のやりとりがスムーズにいきフィーリングが合う
  • 杓子定規で法的な見解&結論しか出てこない弁護士は選ばない
また、「離婚はあまりやらないから」などというやる気のない言葉が出る弁護士は相談のみに留めるのがよいでしょう。テレビドラマではないですが、昨今離婚が専門という弁護士も増えていますね。

もし、離婚訴訟までいくとすれば、長いお付き合いになることも予想されます。何人かの弁護士に30分の相談をして、最も相性がよくて信頼できる弁護士を選ぶとよりよい結果を出すことができるでしょう。

【関連リンク】
離婚慰謝料と養育費をしっかりもらうコツ
離婚調停で使用する陳述書を自分で書く方法
泥沼は最悪の時間浪費!スマート離婚のコツ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。