1/2

2.夜景プラン宿泊レポ

私のおすすめはパークビュー

私が今回夜景プランで利用したのは、37階のパークビュー/ツインルームA。『音楽』をデザインのモチーフにしたフロアで、客室は33平方メートルとふたりで過ごすのに丁度よい広さ。2,640mm×2,000mmの大きな窓からは、東京ドームやセンターレス大観覧車などがすぐ下に。私は、パレスビュー/パークビューのどちらも利用したことがありますが、東京ドームシティのライトアップを眺めるパークビューがお気に入りです。
日没後の夜景に期待しつつ、荷物を一旦置き、客室内に用意された『優待割引券』を持ち、東京ドームシティ アトラクションズへ。『優待割引券』は、東京ドームシティの各施設を優待料金(50円~500円引き:施設により異なる)で利用できるもの。翌日の『スパ ラクーア』でも割引を使ったので、なんだかとっても得した気分。

アトラクションを楽しみながら、ラクーアにあるアメリカン・シーフードレストラン『ババ・ガンプ・シュリンプ東京』で夕食。もちろん窓から眺めることができる夜の噴水ショー『ウォーターシンフォニー』の時間に合わせました。

夕食後は、コースターやホラーハウスで親密度をUPさせてから、いよいよメインの夜景へ。43階のアーティストバー『C Maj7(シーメイジャーセブンス)』は、まるでレコーディングスタジオのような内装のオシャレな超高層バー。CDプレイヤーが備え付けられたガラスカウンターは南北の2箇所なので宿泊する客室と反対側のカウンターを選ぶと、両方の景色を楽しめます。

アーティストバー『C Maj7』にて撮影
なお、アーティストバー『C Maj7』はアメリカンなキャッシュオンデリバリー方式を採用。夜景プラン特典のグラスシャンパン(1名につき1杯)チケットのみの利用でも全然気になりませんでしたので、ご安心を。
夜景プラン特典のチケット

最高の夜景に会話も弾み、ムードが盛り上がったところで、客室へ移動。人目を気にすることなく、街夜景を眺めながら、ふたりだけの世界へ・・・。

翌日は朝食とチェックアウト後に荷物を1階ベルキャプテンデスクに預けてから『スパ ラクーア』へ。最高の夜景に加え、天然温泉や遊園地で、都会の疲れを都会でデトックスした私たちは、今回のお泊まりデートに大満足でした。

結論からすると『夜景プラン』はとってもオ・ト・ク。特に人気が予想される週末の宿泊予約はお早めに!インターネット予約も可能なので利用したい。

********関連サイト*********

■東京ドームホテル(公式サイト)
■東京ドームシティ(公式サイト)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。