最もカリフォルニアらしい温暖な街

ロサンゼルスから南へ約200キロにあるサンディエゴは、入り江に沿って広がる美しい街。「アメリカで最も天気が良い場所」として知られ、温暖で過ごしやすい魅力溢れる観光地です。カリフォルニアではロサンゼルスに続き2番目、全米では7番目の大都市であるにも関わらず、街全体がゆったりとした雰囲気に包まれています。ビーチ沿いの歩道はローラーブレードを楽しむ人々やサーファーたちで溢れ、「アれぞ南カリフォルニア」という風景に出会えます。

青い海と緑あふれる入り江が絵に描いた様に美しいサンディエゴの街は、トム・クルーズ主演の映画「トップガン」や「ジュラシック・パーク2」のロケ地としても有名です。また、メキシコのティファナ市へたったの30キロという国境の街でもあり、アメリカとメキシコ、両方の文化を楽しめるのも魅力です。

ロサンゼルスから海沿いを走る列車で3時間の旅。今年のGWは、5月1日・2日を休めるとすると、9日間の大型連休。西海岸に訪れるのなら、長めの休暇を利用してサンディエゴに足を延ばしてみてはいかがですか?海風が心地よく開放的なこの街で、メキシコへの国境越えのようなエキサイティングな経験や、トロリーに乗って街を散策……。きっと楽しいひと時が過ごせるはずです。ロスやラスベガスとはひと味もふた味も違うサンディエゴのオススメスポットをご紹介しましょう。

サンディエゴ
「トップガン」のロケ地としても有名な美しい街。一年中温暖で過ごしやすいのが魅力。

<記事index>






サンディエゴへの行き方

サンタフェ駅
サンディエゴのサンタフェ駅では目の前のトロリーに乗り換えましょう。ダウンタウンまで数分の距離でとても便利です。
サンディエゴへは日本からの直行便がないため、ロサンゼルスに滞在中の小旅行がオススメです。ロサンゼルスから日帰りツアーという手段もありますが、サンディエゴまで移動してから現地のツアーを利用する方が金銭的にもリーズナブル。そして、日帰りよりもサンディエゴに宿泊する方が慌しくなく、ゆったりとしたペースで楽しめます。

サンディエゴへの移動手段で一番安全でオススメなのが列車の旅。ロサンゼルスのユニオン駅から出ているアムトラックという列車を利用します。ユニオン駅までは、ロサンゼルス国際空港から直行バス「フライアウェイ」で約45分。各ターミナルの到着階の「Fly Away」と書かれた緑色の標識の下から30分毎に発車します。料金は片道大人3ドル、子ども2ドルで、運賃はユニオン駅到着時に現金で払います。

アムトラックでユニオン駅からからサンディエゴのサンタフェ駅までは片道3時間の旅。利用するのは「パシフィック・サーフライナー」線。片道の運賃は22ドルです。海岸沿いを走るこの列車からは、真っ青な海や雄大なオレンジ畑などの素晴らしい景観が楽しめます。車内は広々として快適で、ビュッフェもあるので新幹線の様な感覚です。

サンタフェ駅で下車したら、目の前の真っ赤なトロリーに乗り換えましょう。オレンジ路線に乗ると、わずか3駅で街の中心地、ダウンウンのガスランプ・クォーターに到着します。チケットは1日乗車券のデイ・トリッパー・パスがオススメ。5ドルでバスもトロリーも乗り放題とお得です。


次のページでは、見所満載のダウンタウンとオススメの宿泊先を紹介します。