樹木葬とは、1999年以降に登場した新しい葬送の形です。墓石のかわりに樹木や花を植えて墓標とし、遺骨は土にそのまま埋葬します。自然を壊さない墓地として、環境にもやさしいと注目されています。

樹木葬が注目されるようになった理由

樹木葬墓地が注目されています
区画整備をされた墓地とは違って、素朴な趣があるのが樹木葬墓地です。
お墓についてこのような悩みを持ったことはありませか?
  • 「○○家の墓」に入るのは抵抗がある。
    →先祖がどのような人物かもわからない「○○家の墓」には入りたくないという人が急増しています。
  • 先祖のお墓は守っていきたいけれど、後継者がいない(いなくなる可能性が高い)。
    →子供がいない。または女の子しかいないので管理不要のお墓を探している。
  • お墓を建てたくても後継者がいないので、許可されない。
    →無縁仏になる可能性のあるお墓は、最初から管理者(寺院・霊園)から許可されないことも多いのです。
  • 霊園・墓石はお金がかかりすぎる。
    →永代供養料を支払って墓石を建てて300万!お墓にお金をかけることに疑問を持つ人も増えています。

昔ながらの「家」制度が薄れ、核家族化に拍車がかかっている現代、時代にあったお別れを求める声があっても不思議ではありません。
ロッカー式の納骨堂、海への散骨、永代供養墓……さまざまな埋葬方法が提案されていますが、そのひとつが樹木葬なのです。

次ページでは、「樹木葬の歴史」「特徴」について。