ちょっと足をのばして福岡空港まで。天気のいい日はいつもより頑張って走ってしまいます。
福岡のミニサイクルの売れ行きは、他の大都市に比べると高いとのデータがあるとの事。街中には坂も殆ど無く、その上フラットな地形、そしてコンパクトにまとまっている街並み。そんな福岡の街には、色々な種類のミニサイクルをはじめ、多くの自転車が行き交っているのを見ると、自転車で移動するにもってこいの街なのでしょう。

そして福岡に来る方の多くは、「福岡の歩道って広いよね~」とコメントする人が多いのも事実。環境問題が話題になることも多くなってきている昨今、エコな乗り物の自転車で街中を颯爽と走ってみてはいかがでしょうか?

そういうガイドも愛車の自転車で取材に走り回っています。今回は、そんな自転車で周るにはもってこいの街・福博のご案内。天神を基点としたいくつかのコースをご紹介します。


歴史の宝庫、魅惑的な空間が広がる寺町~大博通り・博多駅方面

天神中央公園中央部にある芝生。周りには多くの木々があり、都会のオアシス。
天神から東方面に向かうと、まずは天神中央公園が。公園の中心部には広々とした芝生が広がり、ここでは近くで買ってきたドリンクと一緒に、木陰で読書でもしたくなる空間が広がっています。天神中央公園を過ぎると春吉橋では右手にキャナルシティ博多が見えてきます。春吉橋を渡り、中洲エリアを抜けると眼前に歩道橋が見えてきて、その歩道橋をくぐり、右手にカーブ。そのまま進み1つ目の信号を今度は左にカーブ。博多警察署前を過ぎると大博通りに出てます。


静寂な佇まいを見せる聖福寺の境内。都会の喧騒から開放されてください
そのまま大博通りを横切ると、右手にうどんや蕎麦の発祥地である承天寺が見えてきます。承天寺境内には一般開放はされていませんが、石庭があったり、色々な日本初を記した石碑があったりと、ちょっと探検気分で見学することができます。承天寺を出て地下鉄祇園駅方面に進むと、地下鉄の出入り口があります。その出入り口前にあるのが、木造では日本一大きな仏像があり、弘法大師空海が建立した寺・東長寺です。ここでは福岡大仏を見ていってください。仏座の下には、まじめに生きようと考えてしまうような地獄絵が展示されていたり、手に触ると天国へ導かれる輪があったりと、ちょっとしたアミューズメント感覚な感じのする空間があります。東長寺を右に出て、すぐ右手に曲がり真っ直ぐ進むと、日本最初の禅寺・聖福寺があります。ここには都会の中のオアシス的な空間が広がっており、一瞬京都にいるかのような錯覚になってしまうほど静寂な時間が流れています。


聖福寺前の道。車1台分の車幅しかない道ですが、両サイドには博多の街並みが残っています。
聖福寺が出たら、大博通りを走るのではなく聖福寺前の道を走るのがおススメします。この道は、博多祇園山笠が走るコースでもあり、通り沿いにはちょっと気になるようなお店もいくつか存在しています。


タンタン麺が絶品の「しま屋」。ちょっと分かりにくいかも知れないので注意して探してください。
その中で1つ目のおススメ店は、タンタン麺が美味な「しま屋」。ここのタンタン麺(750)は、辛味の中に甘みと旨みがジワジワと押し寄せてきて、どことなく上品な味わい。麺は噛み応えのあるモチモチとした食感。一度食べたら病みつきなりそうな一杯。


しま屋
所在地:福岡市博多区上呉服町2-24
電話:092-262-3515
営業時間:11:30~14:00、18:00~21:00
定休日:土・日曜・祝日
地図:「Yahoo! 地図情報」


イタリア家庭料理 UNO。お店の外装からも温かみのある雰囲気が分かります。
次のおススメ店は「イタリア家庭料理 UNO」。ここでのおススメメニューは、発酵時間が通常の3倍かかるという生地が特徴の天然酵母のピザで、人気はマルゲリータ(1200)。ピザ以外でも温泉卵のカルボナーラ(1250)などパスタもおすすめで、プラス100円すればセモリナ粉100%のコシのある手打ち麺に変更可能。また九州ではここでしか飲めないという、イタリア・トスカーナ地方の小さなワイナリーで作られたワイン(¥450~)も是非味わってみてください。


イタリア家庭料理 UNO
所在地:福岡市博多区上呉服町11-211ドリーム呉服町101
電話:092-282-8990
営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00) 17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:日・月曜日・祝日
地図:「Yahoo! 地図情報」


みやけうどんの外装。近くに他のうどん屋さんがあるので間違えないように。
そしておススメ3軒目は「みやけうどん」。大正時代に建てられた古い民家風の店内の椅子は全て木製で、どこかノスタルジックな雰囲気。ここではかけうどん(270)しかなく、自分の好みのトッピングが出来るスタイル。博多うどんの特徴である柔らかい麺と、だしのきいた風味豊かな味を堪能してみては。


みやけうどん
所在地:福岡市博多区上呉服町10-24
電話:092-291-3453
営業時間:11:00~18:30(土曜は~17:00)
定休日:日曜・祝日
地図:「Yahoo! 地図情報」


博多駅~大博通り周辺は落ち着いた空間のある多くの寺院が点在し、博多の街並みを見ることが出来るエリア。福博のちょっと違った側面を堪能できるところです。


木漏れ日のグリーンロードを走って大濠公園へ~けやき通り・大濠公園方面

けやき通りは両サイドにけやきの木々が植えられ、優しい日差しを私たちに与えてくれます。
次にご紹介するのは、大名・警固からけやき通り、そして大濠公園までの道程。若者で賑わう大名地区を走り抜け、通称国体道路を一路西方面へ。警固四ツ角からは福岡の表参道(?)と云われているけやき通り。ここの通りは道の両側には大きく茂ったケヤキの木が並び、太陽光を優しい光りに変えて、とても気持ちのいい木漏れ日にしてくれる場所。通りに面した場所にはお洒落なSHOPや、魅惑的なカフェや飲食店などが立ち並び、ウィンドショッピングしているだけでも楽しい場所です。


LA SPIGA。ここのパンは美味しいですぞ。テイクアウトして大濠公園で食べるパンはまた格別。
そのけやき通りを過ぎて護国神社から右手に進むと福岡城跡南側に出て、福岡市美術館のところから右に曲がると大濠公園に着きます。そのまま大濠公園に入るのもいいですが、ここではちょっと寄り道を。福岡市美術館から曲がらずそのまま直進し、福岡武道館・福岡管区気象台を過ぎると「LA SPIGA」が見えます。ここはイタリアパンのお店で、店内にはカフェも併設しているので、ここでちょっと休憩にもいいのですが、ここではテイクアウトして大濠公園で一休みがおススメです。バニーニを買って風を感じ、湖畔の風景を見ながらのひと時は、ちょっと贅沢な一瞬を感じられるはず。食べ終わった後は美術館で心に栄養を与えてみるのもいいのでは。


LA SPIGA
所在地:福岡市中央区大濠1-3-5
電話:092-724-5810
営業時間:8:00~19:00
定休日:火曜日
地図:「Yahoo! 地図情報」



緑と優しく光る湖畔の光りで、心と体をリセットしてみてはいかがですか?


次のページには、海に向かって進路を!!>>>