西伊豆・堂ヶ島の地図
今回の行き先は、【静岡】
西伊豆・堂ヶ島、美しい海と幻想的な洞窟へ
冬でもほんのり暖かい感じがする伊豆半島。美しい海の風景とおいしい海産物、そして良質の温泉がどこに行っても楽しめるレジャーには最適な場所ですね。

そんな伊豆半島の名所の中から、今回は西伊豆にある堂ヶ島をご紹介します。

「伊豆の松島」と称される複雑なリアス式海岸が作り出すダイナミックな景観と、長い時間をかけて自然が作り出した不思議な形の海の洞窟を観光船で見学することができるなど、色々と楽しめますよ。

陸からでも、海からでも素晴らしい眺め

三四郎島と遊覧船
堂ヶ島を代表する三四郎島(右上)をバックに洞窟めぐり遊覧船が行く。陸からも海からも素敵な風景が楽しめます(2004年12月撮影)
堂ヶ島Yahoo! 地図情報)は、伊豆半島の西側、駿河湾に面していて、温泉を持つホテルが点在する街。伊豆西海岸を縦断する国道136号線(マーガレットライン)が通っていて、首都圏からも気軽にアクセス可能。そのロケーションから夕陽が海に沈むため、真っ赤に染まる美しい夕陽が眺められる場所としても知られています。

三四郎島
堂ヶ島を代表する三四郎島。干潮の時には陸続きになることもあるとのこと(2002年6月撮影)
堂ヶ島のあたりは、凝灰岩(ぎょうかいがん)と呼ばれるやわらかい種類の岩でできていることから波の浸食を受けやすく、長い年月の間に断崖や島などを含む複雑な地形が生み出されました。

この結果「伊豆の松島」と呼ばれる多島美が楽しめる景観が誕生しています。

堂ヶ島の中で代表的な島がすぐ沖合に浮かんでいる三四郎島。実際には4つの島で構成されていて、大きく潮が引く時は、浅い海底が道のように現れて陸続きになることがあるとのこと。

堂ヶ島の遊覧船乗り場付近から伸びる西伊豆歩道と呼ばれる遊歩道を散策すると、三四郎島の雄姿を陸から見ることができますよ。

天窓を持つ海の洞窟、天窓洞

天窓洞に顔を出す洞窟めぐり遊覧船
天然の海の洞窟、天窓洞に入ってきた遊覧船。陸からはこんな風に見えます(2004年12月撮影)
堂ヶ島で自然が作り出したもう一つの絶景が天窓洞(てんそうどう)と呼ばれる洞窟です。

堂ヶ島の陸側には波による浸食で、まるでトンネルでも掘ったかのようにたくさんの洞窟が作られています。中でも天窓洞は、その洞窟の天井が開いていることが特徴。

遊覧船が一隻進入できる広さを持っているため、堂ヶ島をめぐる遊覧船は、海からこの天窓洞の中に入ってくれます。陸から見ていると天窓のようにあいた空間にひょっこりと遊覧船が顔を出すという他では見られない情景を楽しむことができます。

洞窟めぐり遊覧船で、天窓洞の中へ!

洞窟めぐり遊覧船から眺める堂ヶ島と三四郎島
遊覧船から三四郎島と堂ヶ島温泉を望む。海からの風景も秀逸です(2004年12月撮影)
それでは、洞窟めぐりができる遊覧船に乗ってみましょう。

遊覧船はまず南側に進んで、堂ヶ島周辺を海から眺めます。その後、北へ進路を変えて三四郎島に接近。島の名前や由来などの説明を聞きながら、島を眺めているとなるほどとうなずくことも多いですね。

何よりも「伊豆の松島」と称される多島美を海から眺めるという楽しみがあります。

洞窟めぐり遊覧船から眺める天窓洞
天窓から差し込む太陽の光が洞窟の中を照らします。青く染まる海水の色は幻想的!(2004年12月撮影)
そして、最後はいよいよ天窓洞の中へ。汽笛を鳴らしながら、洞窟の中へ入り、そして天窓から太陽の光が差し込む場所に到着。天窓から上を見上げると不思議な感覚に陥りますね。

そのまま奥まで進んで、遊覧船は一旦停止。ここがクライマックスで、洞窟に差し込む光が海の水を青く染めるさまを乗客に見せてくれます。まさに幻想的とも言える風景。

しばらく滞在した後、出口へ向かい、乗船場まで一直線。わずか20分ほどの乗船時間なのですが、見所豊富で楽しめる遊覧船です。


陸からでも海からでも楽しめる西伊豆・堂ヶ島のご紹介、いかがでしたか?伊豆半島西海岸からは見通しが良ければ駿河湾上に浮かぶ富士山を眺めることも可能ですので、避寒を兼ねて冬でものんびりと旅が楽しめる西伊豆へお出かけしてみて下さい。

西伊豆・堂ヶ島へのアプローチ

  • 地図:Yahoo! 地図情報
  • 公共交通機関の場合
    <JR>
    特急「スーパービュー踊り子」号または「踊り子」号で蓮台寺駅または伊豆急下田駅下車。東海バス 堂ヶ島行きに乗り替え、堂ヶ島バス停下車。蓮台寺から約40分~50分。
    または特急「踊り子」号で修善寺駅下車。東海バス 松崎、または長八美術館行きに乗車し、堂ヶ島バス停下車。修善寺から約90分。

  • 車の場合
    東名高速 沼津インターチェンジから三島経由で国道136号線で松崎方面へ。途中で有料道路(伊豆中央道、修善寺道路)を利用することも可能です。
    ※国道136号線の天城湯ヶ島と土肥(とい)の区間では、災害復旧工事で片側交互通行となる区間があります。時間に余裕を持って下さい。
    また東名高速 清水インターチェンジから清水港に向かい、駿河湾フェリーで土肥港まで移動し、国道136号線で堂ヶ島へ向かうルートもあります。
    堂ヶ島では、加山雄三ミュージアム、らんの里堂ヶ島に駐車場が設けられていますし、お土産のお店が管理している駐車場も周囲に点在しています。

    【関連サイト】
  • 堂ヶ島(西伊豆観光協会)
  • 天窓洞(西伊豆観光協会)
  • 西伊豆町観光ガイド(西伊豆観光協会)
  • 洞くつめぐり遊覧船(堂ヶ島マリン)
  • 伊豆の旅・情報ステーション(東海バス)
  • 駿河湾フェリー(エスパルスドリームフェリー)
    ◇「名所・旧跡めぐり」ガイドの静岡に関する他の記事はこちらです。
  • 渡し船であじさい祭へ・下田公園【静岡】
    「名所・旧跡めぐり」では、毎月2回(14日、28日頃)メールマガジンを発行中です。ガイドが最近旅した時のエピソードなどを添えたコラムが読めたり、ガイドお薦めの記事がわかります。購読を希望される方は、下記よりお申し込み下さい。バックナンバーも下記より読むことができますよ。
  • 「名所・旧跡めぐり」メールマガジン申し込み、バックナンバー一覧

    たくさんの方の申し込みを心よりお待ちしています。

  • ■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
    回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
    ※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

    「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。