大歩危の地図
今回の行き先は、【徳島】
鯉のぼりが優雅に泳ぐ、大歩危峡
日本国内にはたくさんの川があり、山から海へ流れる途中で動植物や人々に様々な潤いをもたらしています。

水の勢いは人が想像する以上に力強く、一気に下へ落ちこむ滝や、長い時間をかけて美しい渓谷を刻むなど、たくさんの景勝地を生み出してきました。

今回は川が作り出した景勝地の中から、板東太郎(利根川:関東)、筑紫次郎(筑後川:九州)と並んで四国三郎と呼ばれる吉野川が作り出した渓谷、大歩危峡(おおぼけきょう)をご紹介します。ゴールデンウィークの頃に行くと、優雅に泳ぐ鯉のぼりが美しい渓谷にアクセントを加えてくれるんですよ。

四国最大の川が作り出す美しい渓谷

鯉のぼりが優雅に泳ぐ大歩危峡
吉野川の流れが作り出した大歩危峡の上を、たくさんの鯉のぼりが優雅に泳ぎます(2005年5月撮影)
吉野川は、石鎚山系に流れを発し、高知県から徳島県を経て紀伊水道に流れ込む四国最大の川です。高知県から徳島県の深い山間を流れる吉野川は、長い年月をかけて川岸にある岩を削り、深くそして美しい渓谷を作り上げました。それが大歩危峡(Yahoo! 地図情報)です。

「歩危」というのは昔の言葉で断崖のこと。川の流れによりいろいろな形に変化した岩が作り出す風景はまさに奇勝と呼ぶにふさわしい場所ですね。

大歩危峡を行く川下りの遊覧船
大歩危峡を下る遊覧船。両岸の岩からを間近に見ながら進んでいきます(2005年5月撮影)
大歩危峡は吉野川に並行して走る国道32号線から眺めることもこともできますが、大歩危峡の上流に位置する「大歩危峡まんなか」から川下りの遊覧船が出ていますので、川面から大歩危峡の渓谷を堪能することができます。

「大歩危峡まんなか」には、遊覧船の発着場以外にレストランやホテルも併設しており、大歩危峡の観光拠点として色々と活用可能。またゴールデンウィークの頃には、大歩危峡の渓谷にたくさんの鯉のぼりが泳ぎます。吉野川の清流と大歩危峡の渓谷にカラフルな鯉のぼりが優雅に泳ぐ姿は、訪れる人の目と心を楽しませてくれます。

また大歩危峡の少し下流にある小歩危(こぼけ)も大歩危同様の奇岩による渓谷が眺められます。時間があれば立ち寄ってみるといいですね。

祖谷のかずら橋も渡ってみたい

祖谷のかずら橋
祖谷のかずら橋。かずらを編んで作られた珍しい吊り橋です(2002年4月撮影)
大歩危峡まで来たら、祖谷(いや)のかずら橋Yahoo! 地図情報)へも足を伸ばしてみたいもの。

大歩危からは山一つはさんだ吉野川の支流、祖谷川にかかる祖谷のかずら橋は、国の重要文化財でかずらを編むことで作られた長さ45メートルの吊り橋。

橋となっている木の板のすき間からは祖谷川の川面がはっきりと見えます。川面からの高さは14メートルあり、歩くたびに結構揺れるのでスリル満点。一方通行ですが、ちゃんと横に別の橋があるので出発点に戻って来ることができます。

また祖谷川沿いには、温泉が点在しています。宿専用のケーブルカーで渓谷の川面にある露天風呂まで下りていくホテル祖谷温泉や、逆にケーブルカーで天空の露天風呂へ上がっていく新祖谷温泉ホテルかずら橋などの個性的な温泉もありますので、ゆっくりまわって見るといいですね。

今年のゴールデンウィークは、吉野川の流れが作り出した景勝地、大歩危峡で美しい渓谷と優雅に泳ぐ鯉のぼりたちに会いに行ってみませんか?

大歩危峡へのアプローチ

  • 地図:Yahoo! 地図情報
  • 公共交通機関の場合
    <JR>
    山陽新幹線で岡山駅下車。土讃線へ直通する特急「南風」号で大歩危駅下車(一部大歩危駅に止まらない列車あり)。
    大歩危駅から「大歩危峡まんなか」まで徒歩約20分。四国交通バスで約6分。
    祖谷のかずら橋へは、大歩危駅から四国交通バスで約40分。
    ※この区間の四国交通バスは、ほとんどのバス便が季節運行(4月~11月、平日運休あり)のシャトルバスなので、利用の際は注意が必要です。

    <飛行機>
    高松空港より空港連絡バスでJR高松駅へ。高松からは土讃線の特急「しまんと」号で大歩危駅下車。
    大歩危駅から先は<JR>のルートと同じ。

  • 車の場合
    徳島自動車道 井川池田インターチェンジから国道32号線を高知方面へ。

    【関連記事】
  • ゴールデンウィーク旅行GWおすすめ温泉2(All About 日本の名湯)

    【関連サイト】
  • 祖谷・大歩危 観光NAVI
  • 大歩危峡まんなか
  • 祖谷のかずら橋(徳島県三好市のWebサイト)
  • 四国交通バス 大歩危・かずら橋 シャトルバス
    ◇「名所・旧跡めぐり」ガイドの四国に関する他の記事はこちらです。
  • 1368段の石段登り、こんぴらさんへ【香川】
  • 祝、全通!しまなみ海道を縦断!(愛媛編)
  • 「名所・旧跡めぐり」では、毎月2回(14日、28日頃)メールマガジンを発行中です。ガイドが最近旅した時のエピソードなどを添えたコラムが読めたり、ガイドお薦めの記事がわかります。購読を希望される方は、下記よりお申し込み下さい。バックナンバーも下記より読むことができますよ。
  • 「名所・旧跡めぐり」メールマガジン申し込み、バックナンバー一覧

    たくさんの方の申し込みを心よりお待ちしています。
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。