北海道三大秘湖の一つ、オンネトー

オンネトー
北海道三大秘湖の一つ、オンネトー。雌阿寒岳、雄阿寒岳が湖面に映り、見る時間によって色が変わるという神秘の湖です。
最後にご紹介するのはオンネトー(Yahoo! 地図情報)。阿寒湖から足寄方面へ向かう国道241号線と道道949号線を通ってたどり着くことができます。

小さな湖ですが、湖の後ろには雌阿寒岳、雄阿寒岳が控えており、風がなく湖面が静かな時は二つの山が湖面に映り込み、見る時間によって湖の色が変わるという神秘あふれる湖です。ここから30分ほどハイキングすると温泉が流れ落ちるオンネトー湯の滝もあります。

なお、北海道三大秘湖というのは、北海道に来た旅人たちが名付けた湖なのですが、このオンネトーと、然別湖(しかりべつこ)の近くにある東雲湖(しののめこ)、そして支笏湖(しこつこ)の近くにあるオコタンペ湖の3つです。興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ他の2つにも出かけてみて下さいませ。

まだまだ他にもたくさんの湖が……

道東の湖めぐりとして、有名な所を中心にご紹介してきました。それぞれが点在しているので車がないと効率よくまわれないのが難点ですが、屈斜路湖、摩周湖、阿寒湖については、網走駅、女満別空港から阿寒バス網走バスが予約なしで乗ることが出来る周遊タイプの観光バスを3ルート運行しています。

  • 「くろゆり号」   (網走駅、女満別空港→屈斜路湖→摩周湖→阿寒湖畔→女満別空港、網走駅)
  • 「阿寒号」     (ウトロ、網走駅、女満別空港→屈斜路湖→摩周湖→阿寒湖畔)
  • 「知床ウトロ号」 (阿寒湖畔→摩周湖→屈斜路湖→女満別空港、網走駅、ウトロ)

    これらのバスはすべて観光スポットで適宜休憩を取りながら進むので、バスに荷物を置いたままで観光できるというメリットがあります。短い時間で効率よくまわりたいという方にお薦めですね。

    道東の湖には、他にも秋になるとサンゴ草がきれいな能取湖(のとろこ)、はまなすが咲く小清水原生花園の横にある濤沸湖(とうふつこ)など、たくさんの湖があります。移動距離を考慮しつつ、道東の個性あふれる湖めぐりをこの夏に実行してみてはいかがでしょうか?

    道東の湖へのアプローチと関連サイトの情報は、次ページにまとめておきます。夏の北海道の大自然と美しい湖を満喫してきて下さい!