エキスポカフェおすすめメニュー!
万博メニュー「エキスポ天国」&懐かしの「ナポリタン」

店内に飾られた万博グッズの多さに目を奪われますが、エキスポカフェの本業はカフェで、もちろん喫茶メニューが存在します。ご期待通りに「万博メニュー」もちゃんとご用意されていて、それがこちらの「エキスポ天国」!

エキスポカフェ名物メニューの「エキスポ天国」!さて、どのデザートがなんのパビリオンを模しているのか?当ててみてください!
メニューの説明によると、1970年の大阪万博の会場内レストランに同名のメニューが実際にあったそうで、それに触発されて作られたオリジナルメニューだそうです。

面白いのがクッキーや果物、アイスクリームやヨーグルトと、いろんなデザートが所狭しと並べられていますが、じつはそれぞれに意味があって、大阪万博のパビリオンを模しているそうです。1978年生まれの僕は「太陽の塔」を模したクッキーぐらいしかわかりませんが、万博マニア(?)の方が見ると「これはブリティッシュコロンビア館」とか「これは電気通信館や!」とわかるとか。我こそは!と思う方はぜひとも挑戦して、なんのパビリオンか?を当ててください。

昔懐かしいナポリタンスパゲティ。ビジネスマンには大人気とか。ガイドも食べましたが、いまのナポリタンでは味わえない濃厚さ。これは嬉しくなる味でした。
おもしろメニューではないのですが、ガイドのおすすめメニューがナポリタンスパゲティ。エキスポカフェがある天満橋界隈は、大阪府庁舎が近くにあったりして、じつはオフィス街の一角に当たります。ランチスポットとして数多くのビジネスマンがエキスポカフェを愛用していて、万博メニューよりも通常の喫茶店メニューのほうが充実しています。

ただ通常メニューのように見えてもエキスポカフェらしいコダワリがあって、このナポリタンスパゲティは1970年代の大阪万博時代のレシピを採用しているとか。濃厚なトマトの甘さと、うどんのように太いパスタ……昔懐かしい、じつにノスタルジックなテイストになっています。フォークではなくて、ぜひお箸で食べて、昭和喫茶の気分に浸ってみてください。