ミュンヘンでは日本のゴールデンウィークにちょうど合わせたかのように、楽しいおすすめイベントが開催されます。ゴールデンウィークに海外旅行をお考えの方、要チェックです!

P1. オクトーバーフェストのミニ版「ミュンヘン春祭り」
P2. ミュンヘン名物の骨董・蚤の市「アウアー・ドゥルト」

オクトーバーフェストのミニ版「ミュンヘン春祭り」

ミュンヘン春祭り
本格的な遊園地が設置されるミュンヘンの春祭り (c)ganz-muenchen.de
あの有名なビール祭りオクトーバーフェストが行われる会場で、毎年4月下旬から5月初めに「ミュンヘン春祭り」が開催されます。これは“オクトーバーフェストの妹”とも呼ばれている市民祭り。毎日ライブ演奏が行われる巨大ビールテントが2つ、ヴァイスビア(白ビール)のビアガーデン、ピルスビールのスタンド、遊園地などが設置され、まさにオクトーバーフェストと似た内容。さすが、ビールの町ミュンヘン。1年に1回のビール祭りでは足りないのですね(笑)。

ミュンヘン春祭り
ババリア像の前で開かれる巨大蚤の市 (c)muenchen.de
また日程はゴールデンウィークが始まる前ですが、オクトーバーフェストにはない、この春祭りならではのイベントもあります。まずは巨大蚤の市。古い絵画や骨董品、中古の日常品、服、靴、食器など、ありとあらゆるものが売られる楽しいイベント。ババリア(バイエルンの女神)像の前の広大な敷地が、ものすごい数の品物で埋め尽くされます。これだけ数があれば、気に入ったものが見つかる可能性も高いはず! 特に欲しいものがなくても、どんなものが売られているかを見て歩くだけでも楽しいと思いますよ。

ミュンヘン春祭り
「オールドタイマーショー」では、ノスタルッジックな車が勢ぞろい!
(c)ganz-muenchen.de
そしてもう一つの注目イベントは、オールドタイマーショー。ポルシェ、ベンツ、BMWなど多数のノスタルジックな年代物の車が展示されます。スポーツカーや普通車の他、オートバイの展示も。ショーのオープニングではパレードも行われます。旧車ファンの方はお見逃しなく!

【DATA】
ミュンヘン春祭り Münchner Frühlingsfest
開催期間:2007年4月20日(金)~5月6日(日)
開催時間:月~木・日曜11:00~23:00
       金・土曜、4/30(月)11:00~23:30 (※初日は16:00~)
場所:テレージエンヴィーゼ広場(Theresienwiese)
アクセス:地下鉄U4またはU5「Theresienwiese」駅下車
プログラム:4/20(金) 14:30 オープニングセレモニー
              16:00 ビールテント、露店、遊園地などオープン
        4/21(土) 7:00~ 蚤の市
        4/22(日) 11:00~17:00 オールドタイマーショー
        4/27(金)・5/4(金) 夜 花火

次のページでは、教会前の広場で開かれる伝統的な骨董・蚤の市祭りをご紹介します。