海外旅行で関西国際空港を利用している人に、嬉しいニュース! 3月23日(金)、旅客ターミナルビル2階北側のエリアに、新しい空港ラウンジ「href="http://www.kansai-airport.or.jp/lounge/index.html">KANKU LOUNGE(関空ラウンジ)」がオープンします。空港内ラウンジとしては日本初の24時間営業となるこの新ラウンジ、ネットカフェなどの便利な施設があるので、ツアーで海外に行く際にも何かと役に立つスペースになりそうです。今回は、この新ラウンジについてご紹介します。
ラウンジしょうめん
木を生かし、落ちついた色調でまとめられたラウンジのエントランス。誰もがくつろげる空間を演出


ネットカフェの登場で、待ち時間がますます快適に

ラウンジ2
もちろん雑誌類も豊富に揃い、ノンアルコール類はフリードリンク制
関西国際空港は、今夏、第2滑走路をオープンすることで、完全24時間対応空港になる予定です。この24時間体制に先がけて誕生するのが「KANKU LOUNGE」。ターミナルビル2階北側にはすでに、コンビニエンスストアや案内センター、交番、シャワーといった施設がありますが、新ラウンジの登場で、このエリア全体がますます便利に生まれ変わることになりました。

「KANKU LOUNGE」は、「Relaxation Lounge(リラクゼーションラウンジ)」と、ラウンジコンシェルジュがもてなす、href="http://www.kansai-airport.or.jp/kcc/index.html">KANKU CLUBカード会員専用の「CLUB LOUNGE(クラブラウンジ)」の2つの施設から構成されています。
「Relaxation Lounge」は、空港利用者なら誰でも使える、24時間営業のネットカフェと融合したラウンジ。ネットカフェ業界の大手・アプレシオと提携し、広々としたオープンスペースに、有線無線LAN対応PCを設置したカフェ席を備えています。

空港利用者にとって嬉しいポイントは、フルリクライニングチェアを装備した個室スペースや、大画面のシアタールーム、和室リビングルームなどの部屋タイプがあるグループスペースを設けているところ。さらに、パウダーコーナーや更衣室を備えたレディーススペース、子どもたちが遊べるスペースを備えたキッズルームも併設。搭乗前の待ち時間や、深夜・早朝便利用時に、こうしたラウンジが24時間、いつでも空いているのは心強いですね!この「Relaxation Lounge」の利用料金は、最初の30分がオープン席300円、ブース・個室席400円。以降は10分ごとの時間課金制です。(シャワーなどの設備は別途有料。)


「くつろげる空間」にこだわった設備に注目

クラブラウンジ
会員専用のラウンジは、まるで上質なリビングルームのような印象です
KANKU CLUBカード会員専用の「CLUB LOUNGE(クラブラウンジ)」は、英国発のハイセンスなインテリアショップとして知られる「THE CONRAN SHOP」がプロデュース。搭乗前のひと時を、落ち着いてゆっくり過ごしたい人にぴったりのスペースになっています。こちらの営業時間は7時~21時。利用料は1回につき、会員は500円、同伴者は1000円で、カードのポイントでの支払いも可能です。

さらに、全国展開するリラクゼーションサロン「href="http://www.naturalbody.co.jp/">ナチュラルボディ」(10時~21時)もオープン。マッサージやネイルケアの施術が可能です。フライトの前後に癒されたいという人におすすめのスポット。そしてもうひとつ、「href="http://www.doutor.co.jp/">ドトールコーヒー」(7時~22時)も登場。全国展開するコーヒーショップとして馴染みが深い店ですが、関西国際空港限定の和菓子メニューがあるので要チェックです。

充実した機能と設備のおかげで、次回の海外旅行では、空港でゆっくり過ごすことが楽しみのひとつになりそうですね!

【関連サイト】 
  • 関西国際空港オフィシャルサイト
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。