近年は少子化で、兄弟げんかの経験が少ない人が多いこと、またメールや携帯電話など情報・コミュニケーションツールが発達したことにより、人と人との生身のふれあい、ぶつかりあいは日常生活において減りつつあります。
そんな中で、いい夫婦げんかは他者を理解する手段、また自分の考えを相手に上手に伝える手段として、ますます必要となってきているのかもしれません。
夫婦喧嘩をしたあとは、ベッドで異常に燃えるというご夫婦も数多くいらしゃいます。
これに関しては、近日、脳のドクターや学者さんにインタビューしてみます。ぜひいい夫婦げんかで夫婦仲をもっとよくしてくださいね。



ガイドの人気記事と関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。