ガイド(二松):
「妊娠期間を、上旬・中旬・下旬」に分けてマリー流セックステクニックを教えてください」

マリーさん:
「まず初期です。一番大切な時期ではありますが、一番スタイルの変化も少ない時期なので、奥さんの体調が良いようであれば、魅せて聴かせるセックスがいいと思います。挿入はちょいと避けたほうがいい時期でもあるので、擬似挿入で。
どこでもいいんですよ。旦那さんのモノを包み込むように挟める場所であれば。


あとはローションとか非日常的なものを使って、エロチックな擬似セックスを楽しみたいですね。いつもと違う部屋だったり、女性が主導権を握ってセックスを進めるのでもいいかも。とにかく旦那さんに見せ付けましょう。いやらしくうごめく舌や、わざと性器がを見えるように脚を開いたりします。
いつもと違う視覚からの刺激で、挿入がどこであれあんまり気にならずに旦那様もいっちゃうと思いますよ。


妊婦さんは、まずは自分の体が最優先。どうしても駄目だなと思ったら、優しく旦那様に気持ちを伝える。間違っても『もぉっ 気持ち悪いから触らないで!!』などと言わないように。
中期は、安定期にはいるので、激しいセックスじゃなければ、挿入もOKという人も多くなると思います。まずは病院の先生にOKもらってくださいね。

大きくなってくるお腹が気になる人は、ベビードールを着てみたり、上手にお腹を隠せるアイテムを使うと気持ちが楽になると思います。

旦那さんに背を向けてまたがり、旦那さんのモノを股に挟んで腰をクイクイ上下に動かしたり、いつものベッドの上だけじゃなくて、奥さんが立て膝で壁に手を突き後ろからお尻にこすりつけて擬似挿入とかしてみます。いつもは風景になってるものを使うのもエロチックです。
挿入OKだったら浅い挿入が基本です。優しくソフトに。


旦那さんがエスカレートして激しくなり始めたら射精する寸前なので、かなりAVチックですけど、『胸にかけてぇ』と言って、早く抜いてしまいましょう。男性は、最後は自分の手でしごいてでも、のびのびと放出したほうが気持ち良いらしいのです。」


下旬はセックスという行為より、スキンシップに重点を置く時期でしょうね。
特に奥さんの方は出産への不安でセックスどころではなくなってきます。

でも旦那さんが求めて来たら、ぎゅうっと抱き合って身体を密着させ手で触ってあげます。この時、かならず声で攻めてあげます。「もっと腰ふって」とか「ねぇ、気持ちイイでしょ」とか、まるで挿入してるかのように旦那さんの息遣いに合わせて一緒に上り詰めてイク感じで言葉を発します。あとは手が動くところを見せると、M気質の旦那さんならたまらないかもしれませんね。旦那さんを椅子に座らせて、後ろから奥さんがさわってあげてるところを鏡越しに見せながら、言葉で攻めたりしてもおもしろいです。

意外と隠れMで、攻めると可愛い声出して喘いじゃう男性は、たいへん多いです。だんなさんの性の本質を冷静に見いだす時期でもあります。

挿入以外でも楽しめることを旦那さんに教えてあげると、将来、楽です。
出産後はしばらくは挿入ができませんので。
070407
「不安になってきたら、初心に戻って」

ガイド(二松):
「なるほど、さすが奥深いテクニック伝授ですね。これなら産前産後の夫の浮気を心配しなくてもだいじょうぶそうです。最後に、妊娠中、夫に浮気されるといやだなと心配する妻達のために一言メッセージをお願いします。」

マリーさん:
「セックスが思いきりできない、お腹が大きくなる、太ってきた。マイナス要因に聞こえますけど、ちっともそんなことない。 今までと違うセックスを楽しめる特別なチャンスの時だし、身体の丸みや柔らかさは魅力なんですよ。変わってゆく身体も魅力的になるよう心掛けてみて下さい。

妊娠ってすごく大きなプレゼントだと思うんです。すごく素敵な10ヶ月を過ごせる機会を与えられたことに自信をもって。満ち足りた時間を過ごしてる女性は必ず輝いているし魅力的です。浮気なんて気にしては損です。

どんな変化もプラス思考でいきましょう。不満、不安や懐疑はマイナス思考から生まれますよ。マリーももうすぐ5ヶ月に入ります。一緒にがんばりましょう。」

「病は気から」という言葉がありますが、まさに「浮気も気から」です。
妊娠中だから、ほかの女性に目がいっちゃうんじゃないかしら、産後の私に魅力を感じてないんじゃないかしらと、疑心暗鬼でネガティブ思考になっていると、それは旦那さまに伝わります。
「妊娠中の君って、いつもより」と思わせるのがポイントです。

マリーさんは、精神的ポジティブだけでなく、セックステクニックも旦那さまへの愛に溢れています。参考にして、産前産後をラブ&セクシーに乗り切りましょう。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。