平均グリーン・フィーはパタヤでたった5500円

ゴルフマート
マレーシアや台湾、韓国などアジア各国代表によるパネルディスカッションでは日本人のプレイ中の喫煙が話題に
タイ・ゴルフの最大の魅力 バリュー・フォー・マネーを、如実にあらわす数字があります。ひとつは、外国人観光客の平均グリーン・フィーです。外国人観光客が多いプーケットは相場が高く、一人平均90米ドルと決して安くはありませんが、首都バンコクやその周辺は、平均グリーン・フィーが70米ドルと意外にお安いのが特徴。さらに、ビーチリゾートと歓楽街で知られるパタヤにおいては、一人平均55米ドルと割安感が増します。

アナンタラ・ホテル
費用対効果と顧客満足度が高いタイのホテル
また、ゴルフ場に併設する宿泊施設の一泊あたりの平均単価をみると、3つ星クラスで45米ドル、4つ星で80米ドル、5つ星でも150米ドルと、バリエーションがあるのが特徴です。運転手付きのレンタカー(ガソリン代込み)が一日80米ドルと、格安なのもうれしい点でしょう。しかしこれらの数字は、あくまでもツーリストが落とすお金の平均値です。ロングステイをしているひとの多くはメンバーシップ並みの料金で利用するなど、バーツ建てで、さらにお安くプレイしています。

【関連記事】
タイで実感する「バリューフォーマネー!」


>>次のページは「コースデビューにも最適のキャディ付きタイ・ゴルフ」です