ロングステイ滞在希望国上位のオーストラリア

サラ2
オールドチャイナのドレス姿も豪州らしさを醸す(C)2008 TWENTIETH CENTURY FOX
ロングステイ財団が毎年発表するロングステイ希望滞在地調査ランキングで、2000年から05年の6年間、オーストラリアは第1位を独走、ダントツの人気ぶりを博しました。豊富な資源と盤石な経済、そして現存する大自然との融合に、「暮らしやすさ」を実感するひとが少なくないからです。
2006年以降は史上空前の豪ドル高、物価高に見舞われたものの、08年秋の世界金融危機を契機に人気もカムバックし、今後が期待されています。英語圏で治安がよく、時差が少ないなど、ロングステイの好適地として諸条件が整うオーストラリア。幾多の歴史を経た移民国家だけに、外国からの移住者を多く受け入れてきたことが魅力の源泉です。

55歳以上を対象にしたリタイアメント投資家ビザをはじめ、現在、オーストラリア移住や長期滞在に関するビザ(査証)の種類は百を超えます。旅で訪ねた当地に惹かれ、腰をおろして長く根をはる———、映画「オーストラリア」にみる暮らす魅力の原点を、わたしたちもまた、なぞっているように感じます。


大地のパワーと悠久の神秘性に惹かれ、移住して暮らすひとが少なくないオーストラリア。映画「オーストラリア」は、豪州ファンならずとも、おすすめの一本です。ぜひ劇場で、その魅力に触れてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。