婚約は成立している

婚約は成立している
婚約指輪は返さなくて良いうえ、彼に対して損害賠償請求できる可能性が高いでしょう。
このケースでは、結納は交わされていないものの、お互いの親にも会い、指輪も渡しており、結婚式場の話もでているので、婚約の成立は問題なく認められるでしょう。しかし、彼の浮気により、結局、婚約は解消されてしまいました。以下では、その後の法的処理について考えてみます。

婚約指輪は?

まず、婚約指輪は、結婚することを前提に渡したものですから、婚約が解消されれば、もらったほうは、原則として返還義務を負います。しかし、今回のケースでは、彼が婚約破棄の原因を作ったといえるので、あなたは彼に婚約指輪を返還する必要はありません。

この理屈は結納がなされていた場合も同様です。今回のケースでは、結納はありませんでしたが、もし、彼からあなたに結納がなされていた場合、通常は、あなたは彼に結納金を返還しなければなりません。しかし、本件のように、もっぱら彼に婚約破棄の原因があるようなケースでは、あなたは結納金を返還する必要はありません。

賠償金・慰謝料は?

正当な理由なく、婚約を破棄した場合、破棄した側は相手に賠償金を払わなければなりません。今回のケースでは、どちらが婚約の解消を切り出したかは定かではありませんが、仮に彼の側から婚約の解消を切り出した場合、彼は正当な理由なく婚約を破棄していますから、あなたに賠償金を支払わなければなりません。

では、彼の浮気に愛想をつかしたあなたの側から、彼との婚約解消を申し出た場合はどうでしょうか?この場合は、あなたによる婚約破棄は、正当な理由があります。そして、この場合、婚約が破棄されてしまった責任は彼にありますから、彼が切り出した場合と同様に、彼はあなたに慰謝料を支払わなければなりません。どちらから、婚約破棄を切り出そうが、浮気をした彼があなたに対して、賠償金を払わなければならないという結論は変わりません。

金額は?

では、賠償金の金額はどの程度になるのでしょうか?まず、結婚準備のための費用(結婚式の通知等)を出したような場合には、その全額が損害になるといえます。次に、実際に出費をしたものではありませんが、結婚に備えて仕事を辞めたような場合に、退職しなければ、給与が得られたはずであり、得られたはずの給与分が損害になるのか、損害になるとしてどの範囲までかという問題が生じます。また、婚約破棄により、精神的苦痛を受けたとして、慰謝料請求が問題となり、一般的には、婚約期間、交際の程度、婚約破棄の事情等により金額が変わります。ただし、離婚の場合の慰謝料よりは、一般には低いといえます。

このように、単なる恋愛にとどまっているうちは、法的な問題は発生しませんが、相手の信頼を裏切るような行為が認められる場合には、損害賠償の問題が発生します。ですから、一時の感情にまかせて、相手を期待させるような行動をとると、あとで思わぬしっぺがえしを食らう可能性があります。注意が必要です。

<関連記事>
婚約が成立する前のケースは?
・恋愛と婚約、浮気の罪に違いはある?(1)

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。