コースメニュー
今日の昼食会は、みんな少し大人になった気分で楽しみにしてきました。


「国際化の時代に生きる子供達が、将来どこで食事をしても困ることのないように、レストランで食事をしながら、基本的な食事のマナーを身につけましょう。」という趣旨で、「子供の為のテーブルマナー教室」が、8月9日に開催されました。この企画は、「カルチャーサロン ブルーローズ」主宰の堀井みゆきさん(上の写真の左奥の方)によるもので、群馬県前橋市の老舗レストラン「朔詩舎」(さくししゃ)が会場になりました。
会は、食事をいただく前に「感謝の心」が大切ですという堀井さんのお話からはじまりました。 以下に堀井さんのお話をまとめましたので、子供さんがいらっしゃる方はぜひご一緒にご覧ください。


食事をいただくときには「感謝の心」が大切です

テーブルは、白い色のテーブルクロスを使いフォーマルにセットされています。画面をクリックすると拡大画面が見られます。
皆さんは日本に生まれて、しあわせな環境にいることに感謝しましょう。世界には、食料が不足して食事を満足にとることができずに、お腹をすかしている人がたくさんいるということを忘れてはいけません。

健康に感謝しましょう

病気のため、点滴で栄養をとっている人もいます。皆さんは健康なのでおいしい物をたくさん食べて、食べものから栄養をとることができます。自分が健康であることにも感謝の気持ちをもちたいものです。

自然と人に感謝しましょう

自然が、野菜を育ててくれているのです。私たちが食べている、牛肉・豚肉・とり肉・魚も、自然のなかで生きているものです。私たちは、その命をいただいて、その命から栄養をとり、力にしているのです。「いただきます」という言葉は、そのような命をいただくということなのです。だから、命ある食べものを大切にしなくてはいけないのです。また、その食べものは多くの人の手を経て私たちの口に入ります。食べものの生産や加工、流通にたずさわる人、料理をつくってくださったかたなど、多くの人びとにも感謝しましょう。


次ページは、レストランでのマナーです。