ウィーンのバラをあしらった植木鉢カバー

バラの花模様の鉢カバー
画面をクリックすると拡大画面が見られます。
王妃の故郷、ウィーンのアウガルテンのバラの花模様の鉢カバー。アウガルテンは、280年以上の歴史を有し、ヨーロッパで二番目に古いウィーン磁器工房です。王妃の生まれた実家ハプスブルグ王家の栄華の中で生まれた名窯です。王妃の母でもある、女帝マリア・テレジアにより1744年にハプスブルグ家の皇室直属の磁器窯に命じられました。



ウィンナーローズ
■植木鉢カバーのウィンナーローズ


植木鉢カバーの裏
■植木鉢カバーの裏面


ピンクのバラの花のアレンジ

バラの花のアレンジ
画面をクリックすると拡大画面が見られます。
バラの花のアレンジ
マリー・アントワネットが矢車菊と同じように大好きだったバラの花のアレンジメント。


次ページで、ゴールドのカトラリーに変えたコーディネートとの画像と【コーディネートレシピ】がご覧いただけます。