結婚式のゲストのためのテーブルコーディネートメージ
高さのあるトピアリーがひときわ目をひくナチュラルモダンのコーディネート。天井の高い広々としたホテルの結婚式会場にふさわしい、堂々とした品格を感じます。


6月4日、渋谷の「セルリアンタワー東急ホテル」の、ウエディングフェア取材記事第2弾(パート2)です。 さわやかな初夏から夏をイメージした3会場3パターンのテーブルコーディネートは以下のテーマです。 結婚式メインテーブルコーディネート
 1:地下2階 ボールルーム 「 Natural Modern Wedding 」ナチュラルモダン
 2:地下2階 朝霧 「 Asian Style Wedding 」アジアンスタイル
 3:39階 ルナール 「 Early Summer Wedding 」初夏

ボールルームのメインテーブルから見た会場全体のコーディネート
*画面をクリックすると拡大画面が見られます。

1、ナチュラルモダンのコーディネート

テーブルには無彩色のクロスをかけています。花は白と淡いグリーンでさわやかにまとめています。シンプルでスタイリッシュ、都会的なコーディネートです。写真でおわかりでしょうか、会場のライティングにも工夫が凝らされています。流れている音をお伝えできないのが残念ですが、会場の雰囲気に合った音楽あるいは新郎新婦の好みの音楽を流すそうです。テーブルコーディネートとフラワーアレンジメントに光と音楽を加えて、空間を総合的にプロデュースした豪華な披露宴会場です。


丸いガラスの花器がセッティングされたゲストテーブル
*画面をクリックすると拡大画面が見られます。
ここではテーブルの花にご注目ください。このテーブルでは花がゲストの目線より低く生けられています。最初の画像に見られる高さのあるトピアリーを置いたテーブルとは対象的です。会場全体は高さのあるトピアリーのテーブルと低いフラワーアレンジメントのテーブルで構成されており、花のフォルムがメロディーとリズムを奏でています。


すっきりとした食器のセッテング。
上品なクリーム色をベースとした花模様のお皿が使われています。お皿の暖かなクリーム色とシックなモノトーンのクロスの対比がおしゃれです。メニューとネームカードは白。スタイリッシュに演出されたテーブルです。


球形のガラス花器に花を生ける。
球形のガラス花器の下には、円形の鏡が置かれています。花器の周囲には白い花びらをちらし、その周りにガラスのキャンドルスタンドを立てています。キャンドルの炎が花器の下に置かれた鏡に反射して、きらきら輝く光景に見入ってしまいます。素敵な演出に思わず拍手を贈りたくなります。家庭でも丸いガラスのボールや金魚鉢(!)に花やグリーンを生けてその下に鏡を敷き、周囲にキャンドルを置けば、すばらしいセンターピースが完成します。ぜひトライしてみてください。


トピアリーの花器の下には、正方形のガラスの容器が置かれています。
トピアリーが飾られた背の高いガラスの花器の下には、大きな正方形をしたガラス器が置かれています。トピアリーアレンジの花器のステムにアイビーの葉をからませています。ガラス器には白い花びらをちらし、なおかつ背の高いガラスのキャンドルスタンドを置いています。透明なガラスと白い花びら、キャンドルそして高さのあるトピアリーによる構成は、華やかなホテルでの結婚式をいっそう盛り立てます。


次は「アジアンスタイル」のコーディネートを紹介いたしましょう。次のページをごらんください。