お片付けを脊髄反射にしてしまうラベルの使い方

子供のおもちゃだって、ラベルさえ貼れば怖くない!

「習慣にしてしまえば、お片付けはカンタン」ってよく言うけれど、いったいどうすれば習慣になるの? 今回は、お片付けを脊髄反射にしてしまう「ラベル」の使い方です。

お片付けを習慣にしたい!

お片付けを習慣にしたい。でも実際は、たま~に思い出したように大片付けをしては、それがだんだん崩れていく……の繰り返し。ああ、お片付けって、どうしたら習慣になるのかなあ。

お片付けって、カナーリ高度に脳を使う作業です。暑かったり、眠かったり、ヤル気出ないときにお片付けって、できませんよ。頭が働かないもん。でも、それじゃ習慣にならないですよね。

じゃーん! ラベル登場

なるべく大きなものを使おう
そこでコレ。ラベルの登場です! 何の変哲もない白いラベルですが、家中に貼っておくだけでお片付けが習慣づくという、ありがたーいお札のような効果があるんですよ。そのためガイドの家の収納は、いたるところ「ラベル」が貼られまくり! 正直、見た目はあんまりカッコよくないです。

 

>> ラベルを貼ると、何で片付くの?