市販品は分別が面倒

さまざまな種類がお店に並ぶサラダドレッシング。多くは立派なガラスのボトルに入ってきますが、使った後が面倒ですね。きれいに洗ってラベルをはがして、プラスチックの注ぎ口をへぎ取って、資源ごみの日までストックして‥(え? やってない?)。

ドレッシングを自分でつくることが、暮らしをいろいろな面でシンプルにしてくれます


自分でつくればいいことだらけ

とまあ、何かとメンドくさいドレッシングのガラスボトル。分別もついつい億劫になってしまいがちです。冷蔵庫のドアポケットを何種類ものドレッシングが占拠しているのも憂鬱。--だったら、この際自分でつくってしまっては!? わさびやガーリックなど好みのフレーバーを加えてオリジナルの味がつくれるし、美容と健康のために、塩分油分の加減も自由自在。ローコストだし、添加物を気にすることもないし、多めにつくって保存しておくことだってできますよ! レシピは、All About「グルメ・クッキング」に行ってゲットしましょう。

ボウルの要らないドレッシング・メイキング

少しの量をその都度つくるのなら、コップに入れた材料を、ココアなどに使う小さな泡立て器でカシャカシャすればOK。酢や油の位置を示した専用のドレッシングメーカーなら、計量カップも泡立て器も要らず、洗い物が出ません。ガイドは、使用済みのドレッシングボトルをマイボトルにしてしまっています。自分のレシピどおりに油性ペンで印をつけておき、じょうごで材料を入れてシャカシャカすれば即出来上がり! つくる前に熱湯消毒しておけば、数日はもちます。

これがいちばんカンタンなドレッシング(?)

究極のドレッシングは、「混ぜない」。ゆでたてポテトに、オリーブ油・レモン汁・塩・こしょうを、適当に順にかけて和えるだけでも、おいしいポテトサラダになるものです。洗うのは容器だけなので、ラクっていったらこれがいちばんラク! ガイドはよくやりますよ~。

一人分ならこれでOK
ドレッシングメーカー(パイレックス、税込840円 厨房屋)


市販のドレッシングボトルを再利用
混ぜなくてもドレッシング


自分でつくるのがいちばんシンプル

とはいえ、今日は何だかメンドくさい‥というときもあるでしょう。いつもいつも手作りしなきゃならないというわけじゃないのです。ただ、「ドレッシング=買う」という思い込みがあるなら、それはもったいない! 売っているものは、たいていの場合、自分でも作れるもの。その技術を持っているだけで、暮らしはグンとシンプルになるのだと思うのです。


*関連リンク*
  • 「食を選ぶ・作る」‥‥基本的な「食」は自分の手で!
  • ガイド記事「水筒携帯どこでもカフェ」‥‥買わなければゴミも出ません
  • ドレッシングやソースのレシピはおまかせAll About『ホームメイドクッキング』
  • おしゃれなドレッシングメーカー、調理器具を探すなら‥‥「厨房屋」
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。