旅行や帰省、出張等で長距離移動をする際の交通手段は、鉄道や飛行機、高速バスなど様々な選択肢がありますが、いったいどれを使えば良い
のか悩みますよね。特に、金額の面ではどれを利用するのが一番得なのかというのは気になるところ。

そこで、今回は各交通機関を使った時のお得感の差を比べてみることにしました。国内のあらゆる路線を調べる…というのは無理なので「東京~大阪」間を例にとって検証してみたいと思います!

P1・・・新幹線
P2・・・飛行機
P3・・・高速バス

新幹線

新幹線
 
東海道新幹線利用での東京新大阪間(乗車券、特急券の合計)

■通常料金で「のぞみ」利用
14,050円

■エクスプレス予約を利用して「のぞみ」利用
13,000円

■ぷらっとこだまエコノミープラン利用
通常期 10,000円
繁忙期 11,500円

---◇◆◇◆◇◆◇---


まず通常運賃の場合、のぞみ利用で14,050円。これは乗車券と特急券料金を合わせたもので、乗車券は東京~新大阪で購入しても乗車・下車は東京都内、大阪市内のJR各駅で可能となります。例えば池袋駅から乗車し、大阪駅で下車したとしても、追加の運賃は不要ということです。

定価で購入した場合は上記の金額になりますが「エクスプレス予約」を利用して手配をすると割引になります。

「エクスプレス予約」を利用するには、JR東海エクスプレスカード、まはたJ-WESTカード「エクスプレス」に入会する必要があり、これらのカードは年会費が1000円かかります。ですが、上記の通り、片道だけでも1,000円以上の割引になるわけですから、年に1回以上東京新大阪間ののぞみを利用する方は、入会しても損はありません。

但し、エクスプレス予約の「EX-IC(エクスプレスIC)サービス」は、乗車運賃は新幹線乗車区間内のみとなりますので、それ以外の駅の乗車・降車の場合は追加運賃が必要となります。

次に「ぷらとこだまエコノミープラン」ですが、こちらは東海道新幹線の各駅に停車をする「こだま」を利用したプランです。時間はかかりますが、通常期で10,000円とかなり格安。おまけにワンドリンクチケット(駅売店などでソフトドリンクやビール等に交換することができる)が付いてきます。

所要時間ですが、東京新大阪間で「のぞみ」約2時間半。「こだま」4時間です。

【関連リンク】
えきねっと(JR東日本)
エクスプレス予約(JR東海・JR西日本)
ぷらっとこだまエコノミープラン(JR東海ツアーズ)


続いては飛行機⇒次のページ