電球型蛍光灯の節約効果

電球型蛍光灯
左:白熱電球 右:電球型蛍光灯
では白熱電球を電球型蛍光灯に交換した場合、実際どのくらいの省エネ、節約効果があるのでしょうか。
一例として、60W形の電球を5球使用するシャンデリアタイプの照明器具を1日6時間使用した場合で比較してみました。(21円/kwhで計算)

まずは白熱電球の場合。
白熱電球(60W形で消費電力54W)を使用すると
1日・・・1.62kw  34.02円
1ヶ月・・・48.6kw  1020.6円
1年・・・591.3kw  12417.3円

次に従来の電球型蛍光灯の場合。
電球型蛍光灯(60W形で消費電力12W)を使用すると
1日・・・0.36kw  7.56円
1ヶ月・・・10.8kw  226.8円
1年・・・131.4kw  2759.4円

上記でもかなりの差がありますが、さらに省エネ性能が高い電球型蛍光灯の場合。
電球型蛍光灯(60W形で消費電力10W)を使用すると
1日・・・0.3kw  6.3円
1ヶ月・・・9kw  189円
1年・・・109.5kw  2299.5円

白熱電球と10Wの電球型蛍光灯を比べると、年間1万円以上電気代に差が出てきます。
これはあくまで一つの照明器具の蛍光ランプを交換した場合で計算していますので、もし玄関やトイレ、廊下などの白熱電球を使用してることが多い場所や、ダウンライトなどの間接照明、それ以外の部屋の照明器具など、すべてを電球型蛍光灯に交換してしまった場合には、もっと大きな節約効果が得られるでしょう。

電球型蛍光灯の今後に期待

電球型蛍光灯
まずは長時間使用する場所から
長寿命で省エネ、機能も向上となれば、電球型蛍光灯はいいことづくめのようですが、まだもう一歩ネックになっているのはその価格。

昔に比べれば格段に安くはなりましたが、やはり白熱電球と比較するとお値段は安いものでも数倍。省エネ性が優れた最近の電球型蛍光灯は1球あたり1,000円以上するものがほとんどです。

そうなると、いくら電気代が安いとわかっていてもなかなか手が出にくいですし、あまり長時間使用しないような場所では逆にコストパフォーマンスが悪くなってしまうなんてこともあります。

ですが、電球形蛍光灯への全面切り替えが正式に表明されてより一層の普及が加速すれば、低価格化も実現することでしょう。

まだ全ての白熱電球を電球型蛍光灯へ変えるのはハードルが高いのが現状ですが、まずは長時間使用するリビングなどの照明器具からどんどん切り替えをしてみてはいかがでしょうか。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。