簡単エコバッグの作り方とは

エコバッグ
 
以前にも100円のエコバッグをご紹介しましたが、もちろんこれでも十分に用は足ります。でもせっかくならお気に入りの布で作った可愛いマイバッグでお買い物がしたい!!

…というわけで、今回は型紙いらずで直裁ちでできる、折りたたみ式のエコバッグの作り方をご紹介します。形はレジ袋をヒントに作ったものなので、マチが深く収納力たっぷりで持ち手も広くて持ちやすいものです。使わない時はクルッと巻きボタンでとめてコンパクトに携帯できるバッグですよ。
 

簡単エコバッグの材料

1
 

布地・・・110cm幅のものを50cm
バイヤステープ・・・2mくらい
ボタン・・・1個
お好みでレースなど

※布は厚手の物を使えばしっかりしたバッグができますが、薄手の物の方がコンパクトに折りたためるため携帯に便利です。
 

簡単エコバッグの作り方

 
【1】布地を4つ折りにし、中央から縦16cm、横9cmに切り取ります。コーナー部分はフリーハンドで角を丸く切ります。


 
 
【2】布を広げて両サイドをロックミシンかジグザグ縫いで断ち目かがりします。

 
 
【3】中表に2つ折りにし、わ から18cmの位置まで縫います。

 
 
【4】表に返し、両サイドを内側に折り込みます。この時に持ち手の部分の幅ちょうどに織り込むようにします。

 
 
【5】底の部分を表から縫い合わせ、縫いしろを5mm程度に裁ち落とし、バイヤステープで包んで縫います。

 
 
【6】折り畳み用の紐を作ります。バイヤステープを35cmほどに切り、縁を縫い合わせてひも状にし、縦2つ折りにして3箇所ほど縫い合わせます。

 
 
【7】バイヤステープで口をぐるっと始末します。途中【6】で作った紐を中心に縫い込みます。

 
 
【8】表がえしてボタンを縫い付けます。布地が薄い場合は裏に補強布を当てるか裏ボタンを付けてください。

 
 
※ポケットを付けたい場合は【2】の工程の時に【1】で裁ち落とした余り布を2つ折りにし、口(わの部分)を2cmほど折り返して縁にレースなどを付け、バッグの表中央に縫い付けます。

 
 
折りたたみ時は、内側に付けた紐をぐるっと巻いてボタンにとめればコンパクトになり、携帯に便利ですよ。またこの紐は、中に荷物を入れた後袋の口をとめるためにも使えます。


これからの時代は使って捨てるだけのレジ袋なんてナンセンス。ましてやお金がかかるならなおのことレジ袋なんて貰いたくないですよね。節約と環境負荷を押さえる両方の意味で、やはりこれからは自前のエコバッグを持ってお買い物に行くのがスタンダードになりそうです。
皆さんもお手製のエコバッグで、お洒落にレジ袋を断わっちゃいましょう♪
 

折りたたみ式エコバッグの作り方(PDF)

エコバッグ作り方
 
今回ご紹介した折りたたみ式のエコバッグの作り方のPDFファイルもご用意しました。ガイドが書いたヘタな絵入りですが、よろしければ印刷してご利用下さい。

折りたたみ式エコバッグの作り方(PDF)


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。