レンジでめだま焼き

目玉焼き
卵はかき混ぜないで電子レンジ調理をすると、黄身が破裂してしまうというのは有名な話。ところがこの調理器を使えば、破裂をしないでちゃんと調理できるから驚きです。


目玉焼き
まず容器の内側を食用油を含ませたキッチンペーパーなどで拭いておき、そこへ生卵を割り入れます。蓋をしたら600wの電子レンジで約1分。加熱時間は説明書によると、2個調理で50秒~1分、1個調理で50秒が目安とありますが、2個調理の場合取っ手に近い側の方が加熱があまくなる傾向があるようですので、様子を見て多少追加加熱すると良いでしょう。

加熱が終わったら蓋を閉めたまま裏返すと、容器から綺麗に卵が外れますので、皿に移し変えれば出来上がり。たった1分程度で手軽に目玉焼きができました。こちらも前ページの丼と同じポリプロピレン製で耐熱温度は140度ありますので、もちろん加熱調理も安心です。


目玉焼き
味のほうですが、フライパンで焼いた物と違い焦げ目ができませんので、感覚的にはゆで卵に少し近いような感じです。そのまま食べるのはもちろん、料理に利用してもいいですね。例えば卵サンドなどは、ゆで卵を作って殻をむき、刻んでマヨネーズを和えて・・・ととても面倒ですが、この容器を使って卵を固ゆで目に加熱すれば、ゆで卵のかわりにこの目玉焼きを刻んで卵サンドもできそうですね。



今回ご紹介した電子レンジ調理器は「Theダイソー」で販売されていたものです。この他にも蒸し器や冷凍食品専用の加熱調理器など沢山の種類がありました。100円でもかなり大活躍な電子レンジ調理器。皆さんも100円ショップに行ってお気に入りを探して見てはいかがでしょうか。


【関連リンク】
100円グッズで素敵な雑貨作りシリーズ
巷で噂の100円コスメの実力!シリーズ
100円ショップの活用


ご注意
記事中でご紹介いたしました商品に付いては、ザ・ダイソー全ての店舗での在庫をお約束するものではありません。店舗により、在庫が無い場合もございますのでどうぞご了承ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。