新しい年が始まりました! 新春というのはいつになく、「やってみたいこと」「手に入れたいもの」について、思いを馳せる機会が多いものですね。今年こそ、留学や海外生活の夢を叶えてみませんか?

自分に合った留学スタイルをすぐに見つけたい方はこちら>>

○歳なんですが、留学するには遅いですか?

……そんな相談がよくあります。留学に限らず、何かをやろうとしたときに、日本では「年齢相応」という考えがついてまわることも確かに多いですよね。だからといって、「できない」のではなく、「やらない」ことの言い訳に、30代だから遅すぎる、40代だから無理……なんて枠を自分で作ってしまうのは、とても残念な気がします。

classroom
ひとたび同じクラスになれば、年齢は関係なし!
海外で勉強しているのは、何も若い世代ばかりではありません。最近は日本でも「熟年留学」「シニア留学」ということばが定着し、留学年齢層も広がってきました。実際に留学してみるとよく分かりますが、生涯学習が発達した欧米では「30代なんてまだまだ」です。ひとたびそんな環境に身を置いてみると、「もう○歳だから……」と線引きする日本の年齢神話がナンセンスに思えてくるはずです。

とはいえ、留学を吸収力という面だけでとらえると、年齢が上がるにつれてシンドイというのは正直なところ。能力や努力による差はあっても、10代後半や20代前半と比べると、「覚えるのは遅く、忘れるのは早い」という状況は、誰もが思い当たることではないでしょうか。

30代だからこそできる留学もある

それをカバーするのが、これまでに獲得した知識やスキル、それから一番心強いのが社会経験です。何ができるのか、得意なのか、足りないものは何なのか、自分は何者なのか、どこへ向かおうとしているのか、といったことが、ある程度冷静に分析できる30代だからこそ、留学して学べることもたくさんあるはずです。

留学経験者も多い当サイトユーザーに、「留学や海外生活をするのにベストな時期っていつだと思う?」と[あなたの一票]で聞いてみたところ、約半数の人が、「やりたいことや目的が決まったら」と答えています。

留学する、しないの一番最初の分かれ道は、自分の中に、「海外でコレがやってみたい」という気持ちがあるかどうか。決して少額とはいえない留学資金は自分への投資。自ら汗水流して働いたお金だからこそがんばれる、というのもまた事実でしょう。

久和ひとみさんもその1人! 人生の節目に留学する30代?>>