電子レンジ・オーブンレンジ/電子レンジ・オーブンレンジ関連情報

2007オーブンレンジVol.1~手軽にヘルシー!(3ページ目)

火を使わずに料理ができる“オーブンレンジ”は、暑い夏こそ有効に使いたい家電。今どきのオーブンレンジの賢さをご紹介します!

執筆者:戸井田 園子

“低酸素&低温調理”でヘルシーおいしいを極める~日立

日立
『ひろびろ薄ピタ ヘルシーシェフ』
MRO-CV200
2007.8.1発売
参考価格:10万前後 最後は日立。5つの加熱の連携プレーで調理する『おいしさメドレー』に定評があります。そして、今年の新製品『ひろびろ薄ピタ ヘルシーシェフ』は、その名のとおり、省スペース&大容量を実現しました。庫内容量33Lサイズで奥行き44cmの薄型設計。また、左右と背面は壁にぴったり置けるため、一般的なレンジ台に置けます。今まで本格スチーム搭載の高性能機種が欲しくても、我が家のキッチンには置けない...とあきらめていた人も、これなら大丈夫かもしれませんよ!

ヘルシーアップコースは、今まで以上に脂を落とすヘルシー調理。カロリーを気にする人におすすめ! もうひとつの目玉はヘルシー調理。最高400℃の過熱水蒸気だけで調理する「ヘルシーアップコース」は、今まで以上に余分な脂や塩分を落として調理します。また、庫内にスチームを充満させ酸素を追い出すことで、低酸素状態して調理する「低酸素調理」は、酸化に弱いビタミンC・ビタミンE・β-カロテンの栄養素の破壊を抑えます。また、100℃前後でじっくり加熱する「低温調理」は、DHA・リコピンなど熱に弱い栄養素を守ります。これらの調理機能で、とことんヘルシー調理をしつつ、おいしいを実現していました。

低酸素調理の“焼き野菜”は、栄養をたくさん摂れるのが魅力 会場には「低酸素調理」と「低温調理」を利用した料理がたくさん紹介されていました。ビタミンがしっかりキープできる「低酸素調理」の“焼き野菜”は、生野菜よりたくさん食べられるので、栄養をしっかり摂りたい時におすすめです。また「低温調理」の“手作りソーセージ”は、しっとりジューシーに仕上がっていました。この他にも、鶏のハーブ焼き(ヘルシーアップコース)・わかさぎのコンフィ(低温調理)など、ヘルシーでおいしい料理を堪能させて頂きました。

健康を気にする現代人にとって、手間をかけずにヘルシー調理ができるのは、実にうれしい機能ですね。これなら、お料理も楽しくなるのではないでしょうか。

【参考サイト】日立・新製品リリース

*-*-*-*-*

いかがでしたか?ちょっと前まで、オーブンレンジは、あたためるだけの家電でしたが、スチームが搭載された以後、本当に優秀な調理器具として進化していると実感します。

しかし、日本人は、まだまだオーブンを使いこなす人が少ないと聞きます。オーブンレンジの良さは、目を離しても任せておけるため、手間がかからないという点。忙しい人こそ、上手に利用して欲しい家電のひとつです!おいしいだけでなく、健康にも良い料理が作れる“オーブンレンジ”を、とことん活用してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】2007オーブンレンジVol.2~目指せプロの味!
【参考INDEX】電子オーブンレンジ


日立『ひろびろ薄ピタ ヘルシーシェフ』
ヘルシーアップコースの効果
低酸素調理の“焼き野菜”
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気の電子レンジを見るAmazon で人気の電子レンジを見る
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます