ここ数年、白物家電の高額化が進んでいます。この現象の火付け役とも言える“洗濯乾燥機”ですが、その進化には目を見張るものがあります。今年もまた、新しい進化を遂げた洗濯乾燥機が、2006年3月SANYOから発売になります。その新機能をガイドがチェックしてきましたので、ご報告いたします!

SANYO“AQUA”
「空気で洗う」“AQUA”
(SANYO)
【概要】★2006年3月11日発売予定★
 型番:AWD-AQ1
 色:(W)パールホワイト
   (T)メタリックブラウン
 容量:洗濯9.0kg/乾燥6.0kg
 メーカー希望価格:262,500円
 市場参考価格:228,000円(2006.3現在)


空気で洗う新発想の秘密は“オゾン”

この洗濯乾燥機、一番の特徴は“オゾン(O3)”。オゾンの特徴を利用した新しい機能で「空気で洗う」新発想を実現しました。

オゾンと聞くと「環境に良くないもの?」と勘違いしそうですが、逆です。オゾン層が破壊されることで、温暖化など地球にとって良くない現象が起こるのですから、オゾンは地球を守る働きがある物質なのです。

では、オゾン(O3)の特徴とは...
オゾンとは、強力な酸化力を持ち、除菌・消臭・汚れ(有機物)の分解などに効果を発揮。またオゾンは、酸素と電気だけで生成されているため、酸化後は酸素に戻る。

このように、自然分解力が高く、環境汚染がないのが、オゾンの良いところと言えます。ちなみに、私たちの身近なところでは、以下のようなところでオゾンが利用されているそうです。
  • 殺菌作用⇒ミネラルウォーター・水族館プール・医療器具手術室
  • 脱臭作用⇒冷蔵庫・空気清浄機・浄水場
  • 脱色作用⇒食品脱色・パルプ漂白

オゾンの力で除菌・脱臭する“エアウォッシュ”

エアウォッシュイメージ
注目の“エアウォッシュ”は、その名のとおり、水を使わず空気の力で衣類を洗う新機能です!
では、この“オゾン”どのように利用されているのでしょうか?新機種では、オゾンの力を利用した機能がいろいろと搭載されていますが、まず注目したいのが“エアウォッシュ”。その名のとおり、水を使わず空気の力で衣類を洗うのです!ドラム内にオゾンを含んだ空気を噴射することで、除菌・消臭ができるというから、オドロキです。

ガイドも実際に確認させてもらいました。タバコの臭いがプンプン臭うワイシャツをドラムに入れ約30分運転。ドラムから出したワイシャツの臭いを嗅ぐと、確かにタバコの臭いが完全に消えていました!これはなかなか優秀です。

「ワイシャツなら洗えば?」と思ったあなた!確かに、ガイドもそう思いました...。しかし、これはあくまで実験。おすすめは、コートや背広です。飲み屋へ行って家に帰ると、コートがタバコ臭いことってありますよね?そのような時も、30分で同様の効果があるとのこと。すぐにクリーニングに出さない衣料でも、とりあえず臭いをとって保管できるのはうれしい機能です。他にも、簡単に洗えない「制服・ぬいぐるみ・帽子・かばん」なども利用可能です。気軽に除菌・消臭ができるのは、便利そうですね。

このエアウォッシュは、30分の運転で約7円の費用。オゾン発生にかかる費用は微々たるもので、ほとんどが10分間稼動するヒーターの電気代とのことでした。


まだまだあります、注目のオゾンパワー!詳細は次ページへ>>