検疫はどんな意味があるの?


検疫の意味を理解してお土産選びは慎重に
日本は島国な上に、江戸時代の鎖国政策により物の輸出入が制限された為、世界に沢山存在する家畜の伝染病や農作物の病害虫の侵入を長年阻んできました。しかし輸出入が盛んになった明治以降、日本には存在しない伝染病や病害虫が侵入し多くの被害が発生しました。そこで、それを防ぐ為に課せられたのが動物検疫と植物検疫です。旅行者が動物の伝染病や植物の病害虫を媒介してしまう恐れがあること、検疫とは、それらが日本に入るのを防ぐ為の重要な検査であることを是非認識しておきましょう。


旅行者に課せられた義務とは?


日本に帰国する際、検疫の紙を渡されるのは記憶にありますか? 次ページで詳しくご紹介しますが、畜産物や動物を持ち込む際には申請して検査を受けることが義務付けられています。また植物に関しても同様です。

渡航先により持ち込みできるもの、できないものが違うので、渡航先の状況を必ず次ページで紹介する方法でチェックをしてお出かけください。

なお、持ち込む際に虚偽の申請(持っているのに持っていないと申請)した場合は、罰せられます。これは日本だけではなく、海外へ渡航し入国の際にも、同様のことがいえます。オーストラリアやニュージーランド、アメリカ、カナダなど畜産、農業が盛んな地域は特に厳しいので、きちんと事前に確認し持ち込む場合は申請をするようにしましょう。

>>畜産物(加工品含む)で注意が必要な品は? 購入する際にチェックするポイントはコレ