最近暖かくなってきたし、今年は出なければいいなぁ。
…っていうのは、あの「黒くて、つやつやして、カサコソと家の中を走り回る」あの虫!
人が快適に暮らすところ、他の生き物にとってもまた同じ。
住まいと虫とは古来から切っても切り離せない関係ではありますが、衛生上(精神衛生上も?)、あまり仲良く暮らしたいものではありません。
特に害虫と呼ばれる虫たちに対する、防御・攻撃方法をマスターしていきましょう!


■ゴキブリ
住まいの害虫の王様・ゴキブリ。(何か字面だけ見ていても不快ですのでゴキと表記します。)
チャバネ・クロ・ヤマト・ワモンといった種類が日本に多く生息しています。本来熱帯性ですが近年の温暖化・ビルや家屋の高密閉度化が、生息地の北上を招いているのです。

ゴキは細菌性病原体を媒介します。また、ゴキの糞などに反応するゴキ・アレルギーはハウスダスト・アレルギーの持ち主に多く見られるものです。


→防御法
 『水・エサ・巣』を与えない!


ゴキは僅かな水でも生きられ、また人間が食べるもの全て食べ、紙、髪、糊、糞(ゴミ)も食するのです。
そして家屋の中の暖かく、暗く湿ったような場所で好んで繁殖します。つまり『散らかった台所』は絶好の住処!!!

「清潔な環境」はゴキにとってはストレスとなり、万一外部から侵入してきたとしても、落ち着いて生活できません。
つまりは繁殖できず、食毒剤や殺虫剤で全滅させることもできます。